FC2ブログ

スポンサーサイト

--/--/-- --:-- 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | Top ▲

女神の乳房 最終回

2008/07/10 13:50 

33dgs00005-21.jpg

 裕美子の身体に重なった貴彦は、乳房に顔を埋めた。小刻みな律動を続けながら乳首を吸い、包むように両手で乳房を揉む。
「あっ、あっ、あっ! あっ……ううっ!」
 変化のある動きが、裕美子に新たな快感を与えた。先ほどが大砲なら、今度は機関銃のような刺激だった。
「は……あぁ……、貴彦……さんっ! すぅ……、凄いぃぃ……」
 彼の頭を抱きこみ、太ももを腰にからめた。猛り狂う大蛇のような勢いで、若い雄を締めつける。
「絞られてるみたいで……、凄いよ、裕美子さん……」
 乳房から顔を上げ、陶酔した表情で裕美子に語りかける。抜き差しの速度がだんだんと速くなった。
「わ、わたし……、わたし……。もうっ、もう……」
 うわ言のように口走り、熟女は彼の身体にしがみつく。官能の大きな波が、裕美子のすぐそばまで来ていた。
「ああっ! ああぁ……! 素敵だわぁ……! 貴彦さんっ!」
 あごを突き出し、激しく首を振る。すすり泣きにも似た喘ぎが部屋中を木霊する。
「貴女も素敵だよ、裕美子さんっ」
 貴彦は再び乳房にむしゃぶりついた。ハアハアと荒い息を上げながら激しく乳首を吸う。
「おおっ……、おおっ! だめっ、もうだめっ……! あ……おおぉ!」
「裕美子さん……、好きだ、愛してるよぉ……」
 彼も寸前まで来ているのだろうか、ガムシャラな動きになった。
「好きよ、好きよ! ああっ……貴彦さぁ……ん!愛してるわぁ!」
 背中に立てた爪を、若肌に深くくい込ませる。自分の雄だという刻印を押しているようだ。
「はあっ! 来るわぁ……来るっ! 凄い、凄いのが……、あおおぉ…!」
「裕美子さんっ、裕美子さんっ!」
「あっ……ひいっ! おおおっ! い、いっ、ちゃうぅ……!」
 押し殺した自分の叫びと同時に、裕美子は体内に注ぎ込まれた熱量を感じた。全身を貫く激しい痺れとともに身体が硬直し、白一色だった頭の中に一瞬だけ火花が散り、そして黒く沈んでいった。
 しばらくの間、じっと身体を重ねていた貴彦がゆっくりと離れていく。おぼろげな意識の中でも、それは感じることができた。前の二回とは違って、気を失うことはなかった。
 何故なのだろうか、彼の愛撫の仕方に変わりがあったとは思えない。抱かれている最中には何度も気が遠くなったのだ。やはり義理の息子の部屋だという緊張感なのか、身体の悦びとは別に、心の底から奔放になりきれない自分がいた。
 しだいに意識がハッキリしてくると、涙がこぼれてきた。自然と嗚咽の声が洩れてしまう。先ほどの歓喜の声質とは明らかに違う。
「どうしたの……?」
 心配そうに顔を覗きこむ貴彦に、裕美子は背を向けて手で顔を覆った。

went00024-37.jpg

にほんブログ村 小説ブログへ




>> ReadMore
スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
[PR]

テーマ : 官能小説 - ジャンル : アダルト

女神の乳房Comment(1)Trackback(0) | Top ▲

女神の乳房 第35話

2008/07/07 16:06 

18nwjk00004-38.jpg

 逆三角形に描かれた繁みは、量はそれほど多くないのだが、その黒さが深さを感じさせる。
 足首をつかんで、貴彦は裕美子の足を開いた。繁みに隠されていた花芯が恥ずかしそうに覗く。薄いピンクに彩られたそこは、生き物のように熱くうごめき、その潤いが熟女の芳香を発散させていた。
 太ももの付根から繁みのはえぎわにそって彼の舌が動く。黒々とした繁みは、溢れ出た蜜と貴彦の唾液にまみれて妖しい光を放っていた。
(見られてる……。彼に見られてるんだわ……)
 大きく開脚した自分の股間に義理の息子の顔があると思うだけで、熱いものがとめどなく流れ出ているのがわかった。
「あっ、あっ! ううっ!」
 貴彦の舌は裕美子の真珠をすぐに探りあてた。唇で挟んで吸引すると、ドロドロと蜜が溢れ出し、太ももを伝ってシーツに吸い込まれていく。わずかに充血し、淡いピンク色に染まった真珠が隆起してきた。
「あなたのように美しい人は、こんなとこまでが美しいんだ……」
 そう呟くと、貴彦は肉片を押し開き、その美しい部分を剥き出しにした。
「だめっ! は、恥ずかしいわぁ!」
 包皮の取り除かれた真珠に舌が襲いかかって来た。すぼめた舌先で突かれると、スイッチがオンになったように裕美子の身体がガクンガクンと震えた。
「あっ、ああああっ……! いっ、いっ……、い、いっ!」
 ホテルや裕美子のマンションと違ってアパートだ。声が洩れないようにと思って必死に指を噛んで堪えているが、どうしても嬌声が出てしまう。
「声が……、声が出ちゃう……」
 泣きそうな裕美子の喘ぎに、
「大丈夫だよ。隣は留守のはずだしね。下の階にはそんなに聞こえないから。それに……」
 そう言って貴彦は指を真珠に当て、小刻みに動かす。
「あああああっ! だめよ……、だめぇ……! 声が……出ちゃうぅ!」
「裕美子さんのそういう声も聞いてみたいし……」
「いやっ! ああっ、そんな……、あ、はぁ!」
 細身の肉体を震わせながら裕美子は喘いだ。我慢しようと思えば思うほど、身体の底から湧き出てくる快感に、声を抑えることができない。自然と身体がのけぞり、腰が浮き上がってしまう。


にほんブログ村 小説ブログへ

>> ReadMore

テーマ : 官能小説 - ジャンル : アダルト

女神の乳房Comment(0)Trackback(0) | Top ▲

女神の乳房 第34話

2008/07/01 17:41 

148avgp00004-25.jpg

 独りで夕食を取った後、貴彦に電話を入れた。そちらに行くからと、あえて軽い調子で伝えた。
 出かける前にシャワーを浴びた。別に期待して行くわけではないが、成り行きしだいでは抱かれる可能性もあったからだ。化粧を整え、香水をふりかける姿は、どこから見ても恋人に会いに行く女にしか見えない。裕美子自信もそんな気持ちだった。
 夜八時を過ぎた住宅街に人通りはほとんどなく、彼女のハイヒールの音だけがコツコツとリズム良く響く。吹きつける風にも、どこか春の訪れを感じされる暖かさがあった。
 二階建てのアパート。その二階の西角、彼の部屋の前でヒールの音を止めた。チャイムを押すのとほとんど同時にドアが開き、貴彦が人懐っこい顔を出す。
「寒かったでしょう?」
 裕美子の肩を抱くように室内へ招き入れた。コートの上からも、その手のひらの温もりが感じられた。
 何度も訪れている部屋なのだが、今日は何だか雰囲気が違う。初めて恋人の部屋へ入る時のような緊張感がフッと湧いた。石油ストーブで室内は暖められているが、背筋がゾクゾクとする。
 コートを二人掛けのソファの片方に置いて、もう片方に腰を下ろした。閉じた膝の上で、裕美子はギュッと拳を握り締めた。
「ごめんなさい……、驚かせちゃって……」
 貴彦は床に敷いた座布団に正座をして頭を下げた。
「でも……、僕の気持ちはわかってくれたと思う。貴女の幸せな生活を壊すつもりなんかないし、たとえ親父と別れても僕とは結婚できないしさ……。今の生活を続けながら、気が向いたときだけでもいいから僕のことを見て欲しいんだ……。前にも言ったけど、貴女の豊かな愛情から、少しだけでかまわないから僕にも分けて欲しい……。自分勝手なのはわかってる」
 上目遣いで裕美子の顔をじっと見る。熟れた牝に求愛する若い雄のような匂いがあった。
「……わたしはかまないわ、あなたさえそれで良ければ……」
 貴彦の視線から逃れるように目を伏せ、うつむきながら言う。
「あなたには長年の重石を取り除いてもらった恩もある。それに女としての自信も取り戻させてもらった……、言葉には表せないぐらい感謝してるわ……。前にも言ったけど、それだけ思われたら女として本望よ……。あの言葉に嘘はないわ……」
 裕美子は立ち上がって部屋の照明を消した。 

mi00008-25.jpg




にほんブログ村 小説ブログへ


>> ReadMore

テーマ : 官能小説 - ジャンル : アダルト

女神の乳房Comment(0)Trackback(0) | Top ▲

女神の乳房 第33話

2008/06/11 17:28 

mi00008-31.jpg

 貴彦の言葉が一発の弾丸となって裕美子の胸を貫いた。頭の中で何かが弾け、絶頂を迎えたときのように全身に稲妻が走った。
「あ、あなたが……」
 これ以上ないほど大きく開いた目で彼を見つめた。
 身も心も官能の波に浚われたあの時の情景が、裕美子の脳裏をビデオの早送りのように駆け巡る。膝が震えだし、全身が金縛りにあった。声を出そうとしても、砂漠のように渇ききった喉からは呼吸音しか出てこない。
 白い肌からは血の気が失せ、青ざめているようだ。それほどのショックだったのだ。狂ったように悶え、何度も喜悦の叫びを上げた自分の姿を知っているのが貴彦だったなんて……。あのめくるめく快楽の宴を共演したのが義理の息子だったとは……。
 混乱は頂点に達していた。半開きの口からは喘ぎのような呼吸音が糸を曳く。
「あんな手段にしか出られなかった自分が恥ずかしいけど……。どうしようもなかったんだ、だから変装までして……。だけど僕の想像どおり貴女は素晴らしかった。少年のころからの憧れの女神をこの手に抱いたときの悦び……。一度だけのつもりだったんだ、一度だけ夢を見ることができたらきっぱりと諦めるつもりだった。でも無理だった。裕美子さんという女神を心の中から消してしまうことはできなかった」
「じゃあ……、あの……、あの現場を……、見ていたのもあなたなのね……」
 驚きの表情のまま、とぎれとぎれの言葉が口をつく。
「あれは偶然だった。勉強の気分転換にジョギングをしてたんだ。そこで貴女の姿を目撃した。男が立ち去ったのもこの目でしっかりと見たよ……。言ったほうが良いのかずいぶん迷ったんだけどね、もし裕美子さんがあの事で悩んでいるのなら、あれが重荷になっているのならば、僕にでも少しは役に立てるかなって思ったから……」
 二十三歳のOLを密かに憧憬の眼差しで見つめていた詰襟姿の少年がいた。その少年が十年以上の時を経て青年の姿になり、人妻となった女の前に現れたのだ。
 夫にも見せたことのない痴態を見られた相手、未知の世界へ導いてくれた相手……、それが目の前の男なのだ……。雄の匂いを発散させ、裕美子を快楽の底なし沼に引きずり込んだ肉体……、それが義理の息子の貴彦なのだ……。

jukd00607-39.jpg

 その事実は頭の中を何度も往復した。
「これで全部。僕が話したかった全部です……。今度は、今度は裕美子さん、貴女の気持ちを教えて欲しい」
 真っ直ぐに見つめる目からは、揺るぎない意志が感じられ、その気迫に裕美子はたじろぎそうだった。
「待って、ちょっと待って……」
 か細い声を絞り出すのが精一杯だ。
「あなたの……、あなたの気持ちは充分にわかったわ。でも、あんまり突然のことで、今は何も考えられないの……。独りで考えさせて……。だから、だから今日は帰ってくれない?」
 彼の顔を直視できず、テーブルに肘をついて裕美子は両の手のひらで顔を覆った。
「ごめん、突然すぎたみたいだね。悩ませたり困らせたりするつもりはなかったんだけど……。貴女の言うとおりだ、今日は帰ります」
 貴彦が立ち去った後も、裕美子はその座っていたあたりをぼんやりと眺め続けた。玄関ドアの閉まる音が遠くで聞こえたような気がする。
(まさか……、あの人が……)
 自分のことを「女神」だと称えてくれた貴彦。
 確かにあの時の肌の触れ方や慈しむような愛撫を思い出してみても、しっとりした愛情がこもっていたと思う。肉体的な欲望を満たすためだけでなく、裕美子をいたわり、そして悦びを与えようとしていた姿は、この身体がはっきりと覚えている。
 彼のことだ、自分の返事がどうであれ、決して感情だけの行動には出ないだろう、それは今までの態度からも充分に信頼がおける。本来なら考えるまでもなく、すぐにでも断るべきだろう。もちろん貴彦の心を傷つけないような配慮は必要だが。
 おそらく以前の彼女、身体を交える前の裕美子ならそうしただろうし、することもできた。だがあの悦楽を身体が覚えてしまった今、答えはそう簡単ではない。平凡な日常を粉々に破壊してしまうほどのときめき、それは色濃く全身が記憶している。目には見えない刻印が身体に押されているのだ。
 思い出すだけでも身体が熱くなる。三十四歳になって初めて女の悦びがわかったのだ。女としての自信を取り戻すきっかけとなった細い糸なのだ。そして自分の中に宿った新たなエネルギー。
 貴彦と別れてしまえば、このエネルギーを発散することができなくなる。もはや自分では抑制していく自信がない。もし違った方向に向けられたら、平穏な今の生活を壊してしまうことになりかねない。それだけはどうしても避けたいのだ。
148dgkd00124s-38.jpg

 密かに彼との関係を続けることができたなら、あの悦びを好きなだけ貪るれるし、今の生活を壊すことも決してないだろう。もちろんそれはそれで夫を裏切ることに変わりはないのだが。
 しかし貴彦と別れたとしても、これから貞淑な妻でいられる自信はない。夫は性的には不能なままだし、自分がどこかで道を踏み外してしまうかもしれない。そうなれば夫をも巻き込んでしまう恐れもある。それなら貴彦と密かな関係を続けるのが最良の方法なのではないか。自分勝手な都合の良い解釈だというのは承知の上だった。
 一人の男として見た場合でも、彼なら不満はない。年も近いし気心も知れている。何よりも自分に向けられる愛の量が一番嬉しい。年齢的なものもあるだろうが、あれほど熱烈で真摯な言葉は夫の口から出たことはない。渉と交際していたときも、婚約寸前までいくほどの仲だったのに、月並みな愛情表現しかなかった。肌から、手のひらから、全身から伝わってくる熱い思いが貴彦にはあるのだ。
 中堅だが優良企業の社長夫人の座を確保しつつ、若い愛人と睦み合う。しかもその愛人は義理の息子だ、たとえ同じ部屋に二人きりで何時間過ごそうと誰にも不審がられることのない関係なのだ。
 ただ、これは裕美子の理想であって、付き合っていくには彼の意見も聞かなくてはならないし、考えも尊重しなければならない。
(今夜にでも話してみよう……、早いほうがいい……)
 最近は特に忙しいようで、夫は今日も帰らないだろう。貴彦にここに来てもらってもいいのだが、やはり男と女の話をするのだから自分が彼のもとへ行くべきだろう、裕美子は思った。夫の匂いや影のある場所では、いくら何でもうしろめたい。落ち着いて話もできそうにない。
(夕方に一度電話を入れてみよう……)
 思い悩んだ末に自分なりの結論を出し、少しだけだが肩の荷がおりたような気がした。


にほんブログ村 小説ブログへ
↑ご精読ありがとうございます。ご満足いただけましたら、クリックをお願い致します。

↑さらにご満足いただけた場合は、こちらにもお願いします。

 ↑こちらにもいただけると、大変ありがたいです



女神の乳房Comment(1)Trackback(0) | Top ▲

女神の乳房 第32話

2008/05/20 18:27 

49mmv00143-22.jpg

「素敵なんて陳腐な表現はその人に失礼なんだけど、僕の乏しい語彙にはそれしかないから仕方ないか。とにかく素敵な人だからもちろん結婚はしてるよ。きっと幸せなんじゃないかな。ただ手が届かないっていうのは結婚してるからってわけじゃないけどね……」
「そこまで思われたら女として本望ね……。その人が羨ましい……」
 目を細めて貴彦を見る。
「本当にそう思う? 本望だって……?」
 手が微妙に震えているようだ。唾を飲み込んだのか、喉仏が大きく動いた。
「ええ……、本当よ。でもそこまで思ってくれる人は滅多に居ないでしょうけどね……」
 裕美子はあの男の顔を思い浮かべながら断言した。そして自分を見つめる彼の目が、普段と違う輝きを放っていることに気づいた。
「どうしたの? そんなに怖い顔して……」
「……裕美子さん、貴女のことなんだ……。僕が今話した人は裕美子さんのことなんだよ……」
 鈍い光の中には、すべての邪心を払い落とした澄みきったものも見えた。
「えっ?」
 自分でも間の抜けた声だったと思う。貴彦が何を言ったのか理解するのに少し時間がかかった。
 考えもしなかった。夢にも思わなかった。義理の息子とはいえ、初めて会ったときには彼はすでに十八歳の青年だった。だから子供だと思っていたわけではない、自分は当初から貴彦を一人の男として見てきたつもりだ、裕美子は思った。ただそれは義理の息子というフィルター越しの姿だが。
「ずっと前からなんだ。あなたが父と結婚する前から今日までずっと……。ずっと思い続けてきたんだ……」
 純真な少年のような瞳だ。

143sbd00048-33.jpg

(いったいどういうことなの?)
 喜びよりも驚きが先行してしまうのは無理もなかった。
(でも、あの瞳……、どこかで見たことがあるような気がする。いつだったろう、遠い昔に……)
「高校生のころかな。まだ母親と暮らしてころ、裕美子さんのアパートの近くに住んでいたんだ。きっと知らないと思うけど」
 昔を懐かしむような遠い目つきになる。
「少しでも母親に楽をさせたくてね、新聞配達をしてたんだよ。裕美子さんの部屋にも届けてたんだ……」
 短くなった煙草を灰皿に押しつける。
「何度か手渡ししたこともあるんだ。その時なんか手が震えちゃってね、“おはよう、ご苦労様”って声をかけてもらったよ。こんなに綺麗な人がいるんだ、そう思ってさ、それからは虜になっちゃったよ」
 貴彦は苦笑いを浮べた。
 裕美子のアパートからほんの二、三分の所に住んでいたらしく、通勤途中の裕美子の姿を陰から見ていたのだと言う。高校生から見た二十三歳の女は、まぎれもなく大人の女だろう。そういえばそんな少年がいたような気もするが、記憶にはっきりとは残っていない。
「そんなに、近くに」
 うつろな響きの裕美子の声だ。どう話を続ければいいのか見当もつかない。
「今で言うストーカーみたいだけど……。別に変な気持ちをもっていたわけじゃないよ。ただ純粋に憧れの人の姿を見たい、守りたいっていう、そうだな騎士みたいな感情かな……」
 夫に貴彦を初めて紹介されたときのことが思い出された。
 あの時の彼の驚いた表情、あれは若い母を迎えた驚きではなく、憧れの人を母と呼ばなければならない無念さだったのだ。
 自分が淡い恋心を抱いていていた相手が、いきなり母として現れた時の驚き……、もちろん近くに居られる喜びもあっただろう、しかし同じくらい失望感ももったのではないだろうか。
「それからずっとだよ……、もう十年になるね。だから僕は一度もお義母さんなんて呼んだことはないよね。認めたくなかったんだ……、あなたが義母だなんて。あなたにはずっと僕の女神でいて欲しかった……」
 そこまで自分のことを慕っていたなんて……、裕美子は内臓がえぐられる思いがした。身体が熱くなり、下半身のほうからジンジンと何かが登ってくる。男に抱かれたときのような感じだ。
「だから……、だからあなたのことは全部知っている。その白い肌の温もりも、身体のすみずみまで……。あなたを二度も抱いたのは僕だから……」
 強烈な一撃が裕美子を襲った。



万華鏡の微熟女たち
熟女が教える性教育
にほんブログ村 小説ブログへ
↑ご精読ありがとうございます。ご満足いただけましたら、クリックをお願い致します。

↑さらにご満足いただけた場合は、こちらにもお願いします。

 ↑こちらにもいただけると、大変ありがたいです


テーマ : 小説 - ジャンル : アダルト

女神の乳房Comment(0)Trackback(0) | Top ▲

 | Blog Top |  Next»»
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。