FC2ブログ

スポンサーサイト

--/--/-- --:-- 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | Top ▲

金色の背徳 第46話

2009/05/01 08:11 

 駿策の寝返りで、玲緒奈は目を覚ました。
 いつの間にか眠っていたようだ。いや、気を失っていたと言うべきか。
二週間ぶりの肉塊が自分の中で爆発し、下半身が激しく痙攣したことは覚えているが、それ以降の記憶がない。
――今までで最高、かもしれないわ……
 これまでの彼との約七年間、週に二回以上は身体を重ね続けてきた。回数にすればゆうに千回は超えているだろうが、ここまで我を忘れたのは初めてだった。出張の疲れがあるかもしれないが、それでも今日の悦びは格別だった。
 弛緩した肉体は未だ火照りを残しているが、指一本動かすのも億劫なほど全身の筋肉が痺れている。
――やっぱりあたしには駿策、駿策にはあたしじゃないと……
 隣で軽い寝息を立てる男の顔を見ながら思った。貪欲な玲緒奈の求めに、精魂尽き果てたように眠っている。
 ベッドにうつ伏せたまま、玲緒奈は悦楽の余韻を味わった。めくれ上がった毛布やしわくちゃになったシーツから、行為の激しさが見て取れる。
 気だるい上体を起こすと、ひしゃげた乳房が弾力を取り戻した。室内の暖房のせいか、肌は薄っすらと汗ばんでいる。ベッドサイドの時計に目をやると、午後四時半過ぎを差していた。
 二十二階建ての最上階までは、街の喧騒が聞こえてこない。二人でゆったりと過ごす分にはこの上ないが、うっかりしていると時の流れまで忘れてしまう。
――まだ時間は充分ある……
 玲緒奈は安心してベッドにうつ伏せた。薄い毛布を身体に掛け、何も考えずに目を閉じた。
 今日は深夜まで駿策に付き合ってもらう約束だ。
 もうしばらく怠惰な時間を過ごし、シャワーを浴びてから駿策を起こそう、玲緒奈は思った。それから軽く食事をして、もう一度抱かれたい……。
――埋め合わせをしてもらわなくちゃ
 若い愛人のエキスをたっぷり抽入されたことでストレスも解消し、新たな活力も湧き始めていた。
 出張中、一人寝のベッドで考えるたことは、駿策と海原家のこと、特に繭美と涼子のことだ。暗い天井を見つめながら、何度も自分と彼女たちを比べてみた。
 美貌と肉体、そして駿策を惹きつけて離さないベッドテクニックは、繭美や涼子に負けるとは思わない。
 スタイルは二十代の頃から変わっておらず、むしろ引き締まった上に、年齢に応じた柔らか味が加わっている。そのために弛まぬ努力を続けてきたのだ。
 それでも玲緒奈は不安だった。
 繭美には、はち切れそうな若さがある。十一という歳の差はどうにもならない。玲緒奈が真夏の太陽だとすれば、繭美は朝日である。
 そして涼子は弁護士であり、玲緒奈にない知恵や経験を持っている。今は大人しくしているが、いつ牙を剥いて襲い掛かってくるかも分からない。
――やっぱり駿策だわ……
 結局のところ、駿策の気持ちを掴んでおくのが完全勝利への必須事項なのだ。
 この点では、他の二人を玲緒奈が圧倒的にリードしている。これは自惚れでもなんでもなく、客観的な事実だ。
 しかし繭美は駿策の妻であり、涼子も彼と身体を重ねた過去がある。駿策が彼女たち二人と肉体関係を結んでいるという事実、これは消しようがない。
――あたしは彼を信じている。きっと駿策も……
 玲緒奈としては、そう思い込むしかなかった。駿策と抱き合うことでしか、このやり切れない思いをかき消すことはできないのだ……。


 今回をもちまして、「金色の背徳」第2部は終了し、次回からは、「十字架上の貴婦人」を公開致しますので、ご期待下さい。




ご愛読ありがとうございます。応援よろしくお願いします。
また、ご感想などをメールでいただけるとありがたいです。
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へ
にほんブログ村











スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

テーマ : 官能小説 - ジャンル : アダルト

金色の背徳Comment(1)Trackback(0) | Top ▲

金色の背徳 第45話

2009/04/28 22:37 

駿策の指先が力強くウエストのくびれに食い込むと、彼の挿入に合わせ、玲緒奈は自らもヒップを突き出した。
「あッ……ああッ! た、たまんないわァ……!」
 深々と内奥をえぐられ、彼女は満足げな吐息を漏らした。
 本来、玲緒奈が最も好むのは騎上位だ。自分の快楽ポイントにフィットするよう、思う存分にリードできるからだ。
 しかし、今日のようにモヤモヤした気分、ストレスを感じるときなどはバックからの抜き差しを求めることが多かった。
 海原に代わって会社の業務を取り仕切り、現在のところは上手くいっている。そのことについての不満はない。
 しかし、丸裸で叩き出した涼子が、海原の鶴の一声で元の地位に戻ったこと、駿策と会える時間を削らざるを得ないことが、彼女に少なからずストレスを与えているのも確かだった。
「どうだ、玲緒奈、いいかっ!」
 激しい抜き差しを続け、息を切らしながら駿策が言うと、
「いいわッ、いいッ! 駿策ぅ!」
 声を嗄らしながら玲緒奈も応える。
 四つん這いという獣じみた体位で貫かれることで、鬱屈が発散され、普段とは逆の被虐的な悦びが新鮮だった。
「駿策ぅ! もう少しぃ、もう少しよォ! あ、はああ……んッ!」
 激しく首を振り、額に張り付いた前髪をかき上げながら叫んだ。久しぶりに満たされた女体が、全身の毛穴から淫らな汗を滲ませている。
「お、俺ももう少しだ。このままいくぞっ!」
 大きな動きが、小刻みな速射砲に変った。
「……ひッ……んんんッ……!」
 怒涛のような抜き差しに一瞬呼吸が止まり、そのまま呼吸さえも忘れてしまいそうな悦楽が襲ってきた。
「くああッ……んはぁ! あ、ふううッ、くふぅ!」
 喉がかすれ、痙攣を起こしたようにヒクヒクし、思うように声が出ない。玲緒奈が絶頂を迎える前の症状だった。
――この硬いモノが……
 突風が吹き荒れる脳髄の一部にも、まだ理性が残っていた。
 狂おしいほどの悦びをもたらす駿策の肉塊が、同じように繭美や涼子にも歓喜を与えていたのかと思うだけで、叫びだしたいほどの嫉妬心が噴き出してくる。
――あたしが見つけ、育て上げた、あたしだけの男
 リズミカルな振動に喘ぎながらも、女らしい独占欲は強くなるばかりだ。
「ああッ! 来てッ、来てぇ! 思いきり来てぇ!」
 そんな気持ちを振り払うように玲緒奈は叫んだ。
 自分の魅力が繭美や涼子に劣るとは思わないが、抱き合う間隔が長くなれば、やはり不安になってしまう。
「よし、いく、ぞォ!」
 肉道を行き来する硬直が激しい脈を打つ。
「んんッ……、あ、だめ、ああッ、いッ、いっちゃうぅ……」
 玲緒奈は両手をいっぱいに広げ、ベッドの端をしっかり掴んだ。横顔を枕に埋め込むように押し付け、熟れたヒップだけを高々と突き出した。
「い、いくわぁ、もうそこッ、そこまで来てるぅ!」
 打ち込まれるたびに表情が歪む。わずか二週間ぶりの絶頂が久しぶりだと思えるほど、三十五歳の肉体は飢えていたのだ。
「ふうっ、玲緒奈、いくぞ、いくぞ!」
「……ぐ、ううう! き、来てええぇ……! い、いくッ、いくぅ!」
 脳裏に雷鳴が轟き、白い閃光が走った。あまりの快感に五体が震え、全身から冷たい汗が噴き出した……。




ご愛読ありがとうございます。応援よろしくお願いします。
また、ご感想などをメールでいただけるとありがたいです。
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へ
にほんブログ村







テーマ : 官能小説 - ジャンル : アダルト

金色の背徳Comment(0)Trackback(0) | Top ▲

金色の背徳 第44話

2009/04/20 21:28 

「あッ、おおッ……! はああ……ん!」
 背後から若い愛人に貫かれ、玲緒奈は思い切り喘いだ。
 午後三時を少し回った昼下がりである。出張帰りに社へも寄らず、駅に迎えに来ていた駿策とホテルへ直行したのだ。
「は、ううッ! あッ、い、いいわぁ!」
 シャワーを浴びた後、もつれ合うようにベッドに倒れこんだ。
 仕事は順調だとはいえ、不慣れな接待などでストレスが溜まりに溜まっている。久方ぶりの彼との蜜戯で、それらの垢を洗い流したい思いだった。
「やっぱりお前は最高だよ、玲緒奈!」
 くびれたウエストを掴んだ駿策の手に力がこもった。
「やっぱりって……、誰と比べてるのよォ! 繭美? ああッ……、そ、それとも涼子ォ?」
 白い枕に横顔を押し付け、喘ぎながらも彼女は皮肉を飛ばした。色香に満ち溢れたヒップを揺らし、さらなる快楽を求める。
「そんな言い方するなよ……。すべて、俺たち二人の未来のためさ……」
 玲緒奈をなだめるように、駿策の肉塊が蜜壷を深くえぐった。
「あッ、ううッ……ん!」
 小刻みな律動が、渇いていた女体を潤わせていく。これまで数え切れないほど抱かれた相手だが、わずかな嫉妬心が今日の彼女を昂ぶらせていた。
「わ、分かってるわ、よぉ……。で、でも許せないわッ!」
「何が、許せないんだ?」
 喘ぐ玲緒奈の背中に覆いかぶさり、駿策は耳元で聞いた。濃密な雄の吐息が、彼女の耳を柔らかく包み込む。
「……こ、こんなに気持ちいいこと、毎晩繭美にしてるんでしょう?」
 駿策に繭美を紹介し、結婚までさせるように仕向けたのは自分である。それでも彼が他の女を抱くことに納得できない、複雑な感情が残っていた。
「それがぁ……ん、許せないの、よォ……!」
 これまで何度も割り切ろうと考えてきたが、どうにも消し去ることができないしこりだった。
「だから埋め合わせしてるだろ、ほら!」
 熱い杭が凄い勢いでねじ込まれた。
「はッ! あッ、ああッ……! く、ふうッ! ま、まだ足りない、もっとよぉ!」
「まったく欲張りな奥様だよ、お前は」
 嬲るように言い、駿策は連続して打ち込んだ。
「ああッ! わ、あああッ! あッ、いいッ!」
 突き出したヒップの上の方から、ズンズンと快楽が注ぎ込まれる。背中に浮いた汗が、首筋や腋から乳房を伝い、乳首から滴り落ちていく。オイルを塗ったような輝きが、完熟の肉体を包んでいた。
「ま、まだよぉ、まだ足りないわぁ……」
 両手を一杯に伸ばしてベッドの両端を掴んだ。何かにつかまっていないと、快楽に押し流されそうなのだ。
「これで、どうだ!」
 蜜壷の入口まですうっと抜き、強烈な挿入と同時に玲緒奈のヒップを引き付けた。バシッという激しい音とともに、彼女の愛液が飛び散る。
「は、あッ、いいッ! す、すごい感触ぅ!」
 愛人の声援を受け、駿策は息を切らしながら激しい動きを続けた。その振動で、玲緒奈の双乳が悦んだように弾ける。三十五歳になった今でも、二十代の張りを失わない自慢の乳房だ。
「わ、あ、わあッ! ぐ、ううッ……んん! ああぁ、さ、最高ッ!」
 身体が二つに割れそうな恐怖と、狂おしいまでの快楽がねじり合って襲ってきた。妖艶なヒップをさらに高く突き上げると、彼の硬直が直角に突き刺さってくる。まるで槍で刺されたような、鋭い感覚がたまらなかった……。




ご愛読ありがとうございます。応援よろしくお願いします。
また、ご感想などをメールでいただけるとありがたいです。
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へ
にほんブログ村






テーマ : 官能小説 - ジャンル : アダルト

金色の背徳Comment(0)Trackback(0) | Top ▲

金色の背徳 第43話

2009/04/17 21:37 

「タイミングいいわね。ちょうどあたしも連絡しようと思ってたとこ」
 駿策の電話の相手は、玲緒奈だった。
「今時間はいいのか?」
「ええ、大丈夫よ。それよりさっき海原から電話があったの」
 さすが愛娘の頼みとあって、行動が素早い。
「それでね、涼子をまた顧問弁護士に戻すって。どういうことなのかしら?」
 やはり少し立腹気味だ。
 駿策はさっきまでの病室でのやり取りを詳細に伝え、
「そういうわけで、繭美がどうしてもって言うんだ。それで義父も押し切られて」
「あなたはそれでいいわけ?」
 鋭い一撃が食い込んできた。謀略とはいえ、涼子と関係をもった駿策へ複雑な思いがあるのだろう。
「正直……、難しいな。ただ繭美は意外に頑固な一面があって、俺もそれとなく説得したんだけど、意思は固いよ」
「情が移った、なんて言わせないわよ」
 涼子の話しとなると手厳しい。
「そんなわけないだろう。もう涼子とのことは忘れてくれよ。それにお前があの写真を握っている限り、弁護士先生だってこれまでみたいな振る舞いはできないさ」
「それはそうだけど……」
「ここであんまり反対しても、繭美や義父の心証を悪くするだけだと思うんだ。別に弁護士先生が復活しても、お前の地位が脅かされるわけじゃなし、それほど心配はいらないと思うけどな」
 玲緒奈の優位性をしっかり強調した。
「でもね、あの女に対してはどうしても感情的になっちゃうのよ」
「お前らしくないよ、そんなの。素直に認めて、義父と繭美に恩を売っておくのも悪くないぞ」
「まあね、頭では分かってるのよ」
 怜悧な頭脳で、感情に流されることはない女だ。
「大事の前の小事さ。それくらい認めてやれよ」
「……分かった、そうするわ。涼子に会わなければいいだけのことだものね。もっとも、向こうだって会いたくないでしょうけど」
 遠まわしの説得に、玲緒奈はようやく折れたようだ。さすがに切り替えも早い。
「ねえ、それより早く会いたいわ。明日は大丈夫なんでしょう?」
 涼子の件に決着がつくと、とたんに愛人の声色に変った。
「ああ、一日お前に尽くすよ」
「約束よ。たっぷり尽くしてもらわないと、割りに合わないわ。久しぶりなんだし」
 やはり寂しいのか、声が妙にしおらしい。
「分かってるよ」
「じゃあ明日、駅まで迎えに来て。専務とは別々に帰るから」
 甘えるようなすねるような、彼女独特の響きだ。
「了解。どこかホテルを予約しておく」
「お願いね。夜までたっぷりよ」
 媚びるような言葉を残し電話は切れた。
 表面上は涼子と切れたと見せかけながら、裏で結ばれていることは、紛れもなく玲緒奈への背信だ。そして玲緒奈と涼子の二人と継続的な肉体関係をもっている事実、これは繭美に対する重大な不貞行為だ。さらに仇敵である玲緒奈との蜜月は、涼子の信頼への裏切りである。
 彼を中心に玲緒奈、繭美、涼子が三本の糸で繋がっている。いずれか一本の操作を誤れば、いっぺんに破滅するおそれがある。
――気を引き締めなければ――
 玲緒奈は涼子を放逐したことで安心しており、今は社業に力を入れている。涼子は玲緒奈の身辺を探っているが、聡明な彼女がボロを出す心配はない。繭美はよほどのことがない限り、駿策に疑惑を持つことはないだろう。
――しかし海原が死ねば――
 もし義父に万一のことがあれば、財産問題が表面化してくる。そうなると三人の女の微妙なバランスが崩れ、彼が窮地に陥る可能性がないとは言えない。つまり、
――海原に死んでもらっては困る――
 三人との良好な関係を続けていくためには、たとえ長期の入院であろうと、海原には生きていてもらわなければならない。駿策の心はしだいに傾いていく……。




ご愛読ありがとうございます。応援よろしくお願いします。
また、ご感想などをメールでいただけるとありがたいです。
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へ
にほんブログ村








テーマ : 官能小説 - ジャンル : アダルト

金色の背徳Comment(0)Trackback(0) | Top ▲

金色の背徳 第42話

2009/04/13 22:24 

 駿策夫妻の見舞いを受けた海原の機嫌は良かった。
 愛娘の前では、ワンマン社長も単なる一人の父親である。早くに母を亡くした繭美を溺愛し、駿策の妻となった今でも目の中に入れても痛くないほどの可愛がりように変化はない。
「君にもいろいろ迷惑を掛けるが、これからも繭美を支えてやってくれ」
 近況報告を終えると、海原はしみじみ漏らした。
 これまでは聞き流していた社交辞令も、何故だか今日は心に残った。駿策は海原から一人娘だけでなく、妻まで奪っているのである。罪悪感とは別の感情が、しこりのように植えついた。
「お父さん、お願いがあるの」
 海原の娘に戻った繭美が切り出した。
「欲しいものなら駿策君にお願いしろよ」
 娘の頼みに冗談で切り返すなど、彼はすこぶる上機嫌だ。
「そんなことじゃないの、涼子さんのこと」
 子ども扱いする父に口を尖らせ、涼子をまた弁護士として雇って欲しいと訴えた。海原とて玲緒奈の言うがままにしたに違いなく、涼子の解任に積極的に賛成したわけではないはずだ。
「そうだな……、それはわたしも考えていた。涼子が辞めたいと言ったらしいが、二人とも気が強いからぶつかり合うんだな。玲緒奈と専務にはわたしから連絡しておくよ。まあお前にとっては母の妹、叔母だからな、心配するのも無理ないか」
「じゃあ涼子さんを戻してくれるのね」
「ああ、約束だ。駿策君、悪いがわたしの意志を涼子に伝えてくれ。是非戻って来て欲しいと」
「分かりました」
 と殊勝にうなずいた。
――涼子が顧問弁護士に戻る――
 海原の鶴の一声だけに、さすがの玲緒奈も反対しにくいだろう。これを知った彼女がどう出るかだ……。
海原の見舞いは一時間ほどで切り上げた。繭美が買い物に行きたくてウズウズしているのが明らかだったからだ。
 繭美を駅前のデパートに送り届けると、駿策は一時間だけ暇をもらった。久しぶりの買い物なので、夕方まで付き合わせられることになるからだ。車の免許は持っているが、繭美は運転しないので、ここぞとばかりに買い込むことは充分に予測できた。
 彼女と別れ、駐車場に車を止めた。煙草を咥えて一服し、涼子へ連絡を取った。昨夜はホテルに泊まり、電車で出勤しているはずである。
「あ、先生。無事帰れましたか?」
「ええ。疲れ果てて、ちょっと寝坊しちゃったけど」
 ふふふ、と淫靡な笑い声を立てる。
「今一人ですか?」
「そう。でもあなたこそ大丈夫? すっかり無理させちゃったみたいで」
「最後の一滴まで先生に搾り取られて、干からびていますよ」
「まあ、いやだわ」
 電話の向こうで顔を赤らめているようだ。
「今繭美のお供で買い物に来てるんです」
「じゃあ長電話できないわね。そうそう、わたし携帯をもうひとつ持ったから、番号伝えておくわ。あなただけしか知らない番号」
 妖艶な声で新しい番号が告げられた。用心深くという駿策の提案を、早くも実行しているのだ。
「先生、朗報ですよ」
「え、何かしら?」
「さっきまで義父のお見舞いに行っていたんですが、繭美が先生をもう一度顧問弁護士にって頼んで、義父もそれを了解したんです」
「本当?」
 声のトーンが一段上がった。
「ええ。繭美の頼みは何でも聞いてくれる人ですから」
「ありがとう……。でも本当はあなたが繭美に働きかけてくれたんでしょう?」
 彼女らしい解釈で駿策に感謝を表す。
「まあそこのところはご想像にお任せしますが、ともかく戻れるんです」
「でも……素直に喜べないわ。わたしはあの女にアレを握られているから……」
 駿策との情事の証拠写真である。
「アレを盾に、あの女はきっとわたしに圧力をかけてくるでしょう、要請を断れってね」
 涼子の言うとおりだろう。玲緒奈がたやすく納得するとは思えない。
「ただ今回は繭美の強い希望だし、義父も心底あなたの復帰を願っています」
「わたし、どうしたらいい?」
 最終決定を駿策に委ねるところなど、涼子は彼を信じきっている。
「玲緒奈さんには繭美から連絡させてみます。何せ義父の後押しがあるんだから、彼女も最終的は折れるでしょう」
「そうなるといいけど……。ともかくあなたにすべてお任せします。あなたの思うようにやってみて。わたしはそれに従うわ」
「分かりました。精一杯やってみますよ」
 電話を切り、煙草を深く吸った。呼吸を整え、もう一度発信ボタンを押す。数コールの後、相手が出た……。




ご愛読ありがとうございます。応援よろしくお願いします。
また、ご感想などをメールでいただけるとありがたいです。
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へ
にほんブログ村





テーマ : 官能小説 - ジャンル : アダルト

金色の背徳Comment(0)Trackback(0) | Top ▲

 | Blog Top |  Next»»
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。