FC2ブログ

スポンサーサイト

--/--/-- --:-- 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | Top ▲

女神の乳房 第25話

2008/04/14 21:27 



 年齢を感じさせない男の激しい動きに、女の身体は敏感に反応していた。舌でのねっとりとした愛撫で何度か昇りつめ、焦らされたすえの挿入に身体が素直に悦んでいた。
 この男を自宅に招き入れたのはこれで三度目だ。だが今日ほど身体が燃え上がっているのは初めてだった。いつもは悠々と独りで寝ているセミダブルのベッドが狭く感じられるほど、女は身体をくねらせて悶えた。
 激しさと柔らかさを兼ねそなえた男の動きは、年齢どおりの女性経験を感じさせた。硬さはそれほどないが、蜜壺の壁にぴったりと張りついた男のそれは、蛇のようにクネクネと動く。
「ああ……、いいっ、いいわっ!」
 女が身体を反らせると、豊かな乳房がグイッと張り出してくる。小麦色の乳房は焼きたてのパンのように柔らかく弾力もあった。パンの上にのっている干し葡萄のような乳首を軽く吸われる。
「ううっ!」
 声を洩らす女の背中に手を廻し、力強く抱き上げた。ベッドに向かいあって座る形になり、その弾みを利用して男は下から突き上げる。
「ああうっ! あっ、あっ、あっ……、ああっ!」
 小気味良い律動に、女もリズミカルな喘ぎで応えた。男の頭を抱き寄せて乳房を押しつける。乳房は大きさも形も女が最も自信をもっている部分なのだ。

mi00008-25.jpg

 乳房の弾力と柔らかさを味わうように男は顔をこすりつける。髪には少し白いものも混じっているが、肌のツヤや筋肉はまだ若々しい。
「素敵だよ……」
 乳房の中から男が苦しそうに声を上げる。
「あ……、あなたも素敵よっ! とっても若々しい!」
 くっきりと描いた眉を寄せ、女も泣き顔のような表情で歓喜の声を上げた。
 その声に触発された男は腰を前後左右に振る。根元まで入れたもので女の蜜壺をかき回した。少し前まで不能だったとは思えないほどの逞しさで女を責める。
「あぅ! くぅっ……、ううううぅ…!」
 頭を跳ね上げ、女は声を震わせる。自分から腰をすり寄せて男の動きを逃すまいとした。さすがに男も息が荒い。
「ああっ、凄いわっ! 最高よっ!」
 男のものをしっかりと包んだ女の泉からは、熱い悦びの証がとめどなく流れ出し、褐色の肌からは雌の匂いが立ち昇る。



にほんブログ村 小説ブログへ


 
 

>> ReadMore
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

テーマ : 官能小説 - ジャンル : アダルト

女神の乳房Comment(0)Trackback(0) | Top ▲

 | Blog Top | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。