FC2ブログ

スポンサーサイト

--/--/-- --:-- 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | Top ▲

女神の乳房 第28話

2008/04/24 17:33 

h_066ccx00017-29.jpg

「うっ、あああ……ん……。あっ、あっ、ああああ……」
 激しく首を振りながらのけぞり、十日ぶりに訪れる快感に我を忘れた。シーツをつかんだ両の拳には青い血管が浮かび上がっていた。
「あっ、あっ、く……、狂っちゃうぅ!」
「あなたのここを誰にも渡したくない……」
 くぐもった男の声。指と舌を入り混じらせて交互に責める。
「こ、こんなの……。あっ、だめよっ、だめよっ! うっ、うっ、ううっ!」
 ひときわ大きな声を上げ、身体を弓のようにしたかと思うと、裕美子はぐったりとなった。
 呼吸が乱れ、激しく胸を上下させている。昇りつめたようだが、それでも男が舌を触れさせると、身体は大きく反応した。
 裕美子の股間から顔を上げて大きく息をつくと、男はベッドに横になった。添い寝の形で黒髪を撫でる。放心したような裕美子は、足を開いたまま余韻に浸っていた。
 眠っていた官能を支配する神経が、前回の男の愛撫で目覚めたのか、自分自身でも考えられないほどの昂ぶりだ。例は悪いかもしれないが、新車時に試乗程度しか走ってなく、そのまま中古車市場に並んだ新古車。それが裕美子の肉体ではないだろうか。三十四歳になった今、ようやく慣らし運転を終え、これからその性能を最大限に発揮するのだ。年齢的にも、女として最も脂ののっている時期でもある。
「凄い……。何だか自分の身体じゃないみたい」
 ようやく裕美子は目を開けた。その黒い瞳からは、驚きと悦びの感情が読み取れた。




にほんブログ村 小説ブログへ


>> ReadMore
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

テーマ : 綺麗なお姉さん - ジャンル : アダルト

女神の乳房Comment(0)Trackback(0) | Top ▲

 | Blog Top | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。