FC2ブログ

スポンサーサイト

--/--/-- --:-- 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | Top ▲

女神の乳房 最終回

2008/07/10 13:50 

33dgs00005-21.jpg

 裕美子の身体に重なった貴彦は、乳房に顔を埋めた。小刻みな律動を続けながら乳首を吸い、包むように両手で乳房を揉む。
「あっ、あっ、あっ! あっ……ううっ!」
 変化のある動きが、裕美子に新たな快感を与えた。先ほどが大砲なら、今度は機関銃のような刺激だった。
「は……あぁ……、貴彦……さんっ! すぅ……、凄いぃぃ……」
 彼の頭を抱きこみ、太ももを腰にからめた。猛り狂う大蛇のような勢いで、若い雄を締めつける。
「絞られてるみたいで……、凄いよ、裕美子さん……」
 乳房から顔を上げ、陶酔した表情で裕美子に語りかける。抜き差しの速度がだんだんと速くなった。
「わ、わたし……、わたし……。もうっ、もう……」
 うわ言のように口走り、熟女は彼の身体にしがみつく。官能の大きな波が、裕美子のすぐそばまで来ていた。
「ああっ! ああぁ……! 素敵だわぁ……! 貴彦さんっ!」
 あごを突き出し、激しく首を振る。すすり泣きにも似た喘ぎが部屋中を木霊する。
「貴女も素敵だよ、裕美子さんっ」
 貴彦は再び乳房にむしゃぶりついた。ハアハアと荒い息を上げながら激しく乳首を吸う。
「おおっ……、おおっ! だめっ、もうだめっ……! あ……おおぉ!」
「裕美子さん……、好きだ、愛してるよぉ……」
 彼も寸前まで来ているのだろうか、ガムシャラな動きになった。
「好きよ、好きよ! ああっ……貴彦さぁ……ん!愛してるわぁ!」
 背中に立てた爪を、若肌に深くくい込ませる。自分の雄だという刻印を押しているようだ。
「はあっ! 来るわぁ……来るっ! 凄い、凄いのが……、あおおぉ…!」
「裕美子さんっ、裕美子さんっ!」
「あっ……ひいっ! おおおっ! い、いっ、ちゃうぅ……!」
 押し殺した自分の叫びと同時に、裕美子は体内に注ぎ込まれた熱量を感じた。全身を貫く激しい痺れとともに身体が硬直し、白一色だった頭の中に一瞬だけ火花が散り、そして黒く沈んでいった。
 しばらくの間、じっと身体を重ねていた貴彦がゆっくりと離れていく。おぼろげな意識の中でも、それは感じることができた。前の二回とは違って、気を失うことはなかった。
 何故なのだろうか、彼の愛撫の仕方に変わりがあったとは思えない。抱かれている最中には何度も気が遠くなったのだ。やはり義理の息子の部屋だという緊張感なのか、身体の悦びとは別に、心の底から奔放になりきれない自分がいた。
 しだいに意識がハッキリしてくると、涙がこぼれてきた。自然と嗚咽の声が洩れてしまう。先ほどの歓喜の声質とは明らかに違う。
「どうしたの……?」
 心配そうに顔を覗きこむ貴彦に、裕美子は背を向けて手で顔を覆った。

went00024-37.jpg

にほんブログ村 小説ブログへ




>> ReadMore
スポンサーサイト
[PR]

FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

テーマ : 官能小説 - ジャンル : アダルト

女神の乳房Comment(1)Trackback(0) | Top ▲

女神の乳房 第35話

2008/07/07 16:06 

18nwjk00004-38.jpg

 逆三角形に描かれた繁みは、量はそれほど多くないのだが、その黒さが深さを感じさせる。
 足首をつかんで、貴彦は裕美子の足を開いた。繁みに隠されていた花芯が恥ずかしそうに覗く。薄いピンクに彩られたそこは、生き物のように熱くうごめき、その潤いが熟女の芳香を発散させていた。
 太ももの付根から繁みのはえぎわにそって彼の舌が動く。黒々とした繁みは、溢れ出た蜜と貴彦の唾液にまみれて妖しい光を放っていた。
(見られてる……。彼に見られてるんだわ……)
 大きく開脚した自分の股間に義理の息子の顔があると思うだけで、熱いものがとめどなく流れ出ているのがわかった。
「あっ、あっ! ううっ!」
 貴彦の舌は裕美子の真珠をすぐに探りあてた。唇で挟んで吸引すると、ドロドロと蜜が溢れ出し、太ももを伝ってシーツに吸い込まれていく。わずかに充血し、淡いピンク色に染まった真珠が隆起してきた。
「あなたのように美しい人は、こんなとこまでが美しいんだ……」
 そう呟くと、貴彦は肉片を押し開き、その美しい部分を剥き出しにした。
「だめっ! は、恥ずかしいわぁ!」
 包皮の取り除かれた真珠に舌が襲いかかって来た。すぼめた舌先で突かれると、スイッチがオンになったように裕美子の身体がガクンガクンと震えた。
「あっ、ああああっ……! いっ、いっ……、い、いっ!」
 ホテルや裕美子のマンションと違ってアパートだ。声が洩れないようにと思って必死に指を噛んで堪えているが、どうしても嬌声が出てしまう。
「声が……、声が出ちゃう……」
 泣きそうな裕美子の喘ぎに、
「大丈夫だよ。隣は留守のはずだしね。下の階にはそんなに聞こえないから。それに……」
 そう言って貴彦は指を真珠に当て、小刻みに動かす。
「あああああっ! だめよ……、だめぇ……! 声が……出ちゃうぅ!」
「裕美子さんのそういう声も聞いてみたいし……」
「いやっ! ああっ、そんな……、あ、はぁ!」
 細身の肉体を震わせながら裕美子は喘いだ。我慢しようと思えば思うほど、身体の底から湧き出てくる快感に、声を抑えることができない。自然と身体がのけぞり、腰が浮き上がってしまう。


にほんブログ村 小説ブログへ

>> ReadMore

テーマ : 官能小説 - ジャンル : アダルト

女神の乳房Comment(0)Trackback(0) | Top ▲

女神の乳房 第34話

2008/07/01 17:41 

148avgp00004-25.jpg

 独りで夕食を取った後、貴彦に電話を入れた。そちらに行くからと、あえて軽い調子で伝えた。
 出かける前にシャワーを浴びた。別に期待して行くわけではないが、成り行きしだいでは抱かれる可能性もあったからだ。化粧を整え、香水をふりかける姿は、どこから見ても恋人に会いに行く女にしか見えない。裕美子自信もそんな気持ちだった。
 夜八時を過ぎた住宅街に人通りはほとんどなく、彼女のハイヒールの音だけがコツコツとリズム良く響く。吹きつける風にも、どこか春の訪れを感じされる暖かさがあった。
 二階建てのアパート。その二階の西角、彼の部屋の前でヒールの音を止めた。チャイムを押すのとほとんど同時にドアが開き、貴彦が人懐っこい顔を出す。
「寒かったでしょう?」
 裕美子の肩を抱くように室内へ招き入れた。コートの上からも、その手のひらの温もりが感じられた。
 何度も訪れている部屋なのだが、今日は何だか雰囲気が違う。初めて恋人の部屋へ入る時のような緊張感がフッと湧いた。石油ストーブで室内は暖められているが、背筋がゾクゾクとする。
 コートを二人掛けのソファの片方に置いて、もう片方に腰を下ろした。閉じた膝の上で、裕美子はギュッと拳を握り締めた。
「ごめんなさい……、驚かせちゃって……」
 貴彦は床に敷いた座布団に正座をして頭を下げた。
「でも……、僕の気持ちはわかってくれたと思う。貴女の幸せな生活を壊すつもりなんかないし、たとえ親父と別れても僕とは結婚できないしさ……。今の生活を続けながら、気が向いたときだけでもいいから僕のことを見て欲しいんだ……。前にも言ったけど、貴女の豊かな愛情から、少しだけでかまわないから僕にも分けて欲しい……。自分勝手なのはわかってる」
 上目遣いで裕美子の顔をじっと見る。熟れた牝に求愛する若い雄のような匂いがあった。
「……わたしはかまないわ、あなたさえそれで良ければ……」
 貴彦の視線から逃れるように目を伏せ、うつむきながら言う。
「あなたには長年の重石を取り除いてもらった恩もある。それに女としての自信も取り戻させてもらった……、言葉には表せないぐらい感謝してるわ……。前にも言ったけど、それだけ思われたら女として本望よ……。あの言葉に嘘はないわ……」
 裕美子は立ち上がって部屋の照明を消した。 

mi00008-25.jpg




にほんブログ村 小説ブログへ


>> ReadMore

テーマ : 官能小説 - ジャンル : アダルト

女神の乳房Comment(0)Trackback(0) | Top ▲

 | Blog Top | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。