FC2ブログ

スポンサーサイト

--/--/-- --:-- 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | Top ▲

金色の背徳 第1話

2009/01/31 18:00 

                        主要登場人物

 西条駿策 (28)……向上心の強い野心家の青年。

 西条繭美 (24)……西条の妻。海原正造の娘。世間知らずのお嬢様。

 海原正造 (58)……海原建設社長。昔気質のワンマン経営者で資産家。

 海原玲緒奈(35)……海原正造の後妻。類まれな美貌で海原の後妻になる。

 葛城啓太 (30)……海原正造の甥(妹の息子)で繭美の従兄。

 芦川涼子 (38)……繭美の叔母。海原の先妻の妹。

h_254hnb00007-19.jpg
                                          
                    第一章 濡れる若義母

「どうだった、お義父さんの様子?」
 疲れきった表情で帰宅した妻の背中へ、西条駿策は努めて優しく声を掛けた。入院中の父親への見舞いが、このところ彼女の日課になっている。
「うん……、一進一退……かな。内臓もかなり弱ってるって……。だからちょっと心配」
 繭美の父、海原正造が脳溢血で入院してから、すでに二週間が経つ。これまで何十年の無理が、還暦間近の肉体を少しずつ蝕んでいたのだろう。
 リビングルームのソファに腰かけた繭美へ、駿策はコーヒーを入れた。結婚一年にも満たない二人は、まだ充分に新婚といえた。
 三百坪の敷地の中に、海原夫妻が住む家と西条夫妻の新居が並んで建っている。二人の結婚に合わせて、海原が建ててやったものだ。
「この際だから、わたしもゆっくり入院してもらいたいけど……。一日でも早く退院したいみたい」
 不本意そうに眉を寄せ、繭美はコーヒーカップを口に運んだ。
 白いパンツに淡いブルーのカットソーが、爽やかさを醸し出している。女子大生の雰囲気を残したあどけなさと、二十四歳の若妻の香りの交錯が、何ともいえない魅力だ。
「ちょっと横になれよ。最近あんまり寝てないだろう?」
 五LDKの新居は、中堅の建設会社を経営している海原が、娘の結婚祝いに奮発したものだが、さすがに夫婦二人には広すぎ、使っていない部屋がいくつもあった。
「ええ、ありがとう。じゃあシャワーでも浴びて、少し眠らせてもらうわ。ごめんなさいね、駿策さん。最近家のことほったらかしで……」
 繭美はサラサラした黒髪を束ねた。
 お嬢様育ちながらも、繭美は家事をいとわない。むしろ好きなほうで、特に料理は上手い。夫のために毎日創意工夫をしたものを出してくれる。
「こんな時ぐらい仕方ないよ。まあ家のことは適当にやっておくから、君は心配しなくていいから」
 新妻を気遣いながら、バスルームへ送り出した。まだ彼女に悟られるわけにはいかないのだ。今しばらくは甘く優しい夫の仮面を付け続けなければ……。

にほんブログ村 小説ブログへ

>> ReadMore
スポンサーサイト
[PR]

デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

テーマ : 官能小説 - ジャンル : アダルト

金色の背徳Comment(0)Trackback(0) | Top ▲

 | Blog Top | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。