FC2ブログ

スポンサーサイト

--/--/-- --:-- 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | Top ▲

金色の背徳 第2話

2009/02/01 21:12 

jusd00052-3.jpg
 
 玲緒奈は渦巻く官能の嵐の中にいた。
 義理の娘の夫で、恋人でもある駿策の愛撫は激しく、付き合い始めた当初の荒々しさを失っていない。歳を経るにつれてテクニックも上がり、三十五歳の女体の成熟とあいまって、彼女はいつも翻弄されるのだ。
「はあんっ、い、いいわァ!」
 ダブルベッドの上で、褐色のボディを惜しげもなく晒した玲緒奈は、ねちっこいクンニリングスに嬌声を飛ばした。
 二人は密会の場所を五つのホテルに絞っていた。
 すべてシティホテルで、会うたびごとに順番で変えていくのである。禁断の関係である以上、最も怖いのは人の目である。だから彼らはいつも別々にチェックインし、それぞれに帰っていくのだ。
 駿策のすぼめた舌で剥き出しの宝石を掃くように舐められた。
 慣れた男の愛撫なれど、十日間のご無沙汰がいつも以上に感度を良くしている。彼の舌のくぼみが、彼女の突起にぴったりとフィットし、まるでむしり取られるような錯覚に襲われるのだ。
「あわァ! すてきぃ、あ、はあっ!」
 悦びのあまり、玲緒奈は自ら乳房を揉みしだいた。
 Cカップの肉房は衰えを知らず、形良くふっくらと盛り上がり、ムッチリした張りを保っている。若い男を惹きつけておくため、この数年彼女は週二回のジム通いを欠かしたことがない。
 前髪に隠された広い額には怜悧さが表現され、切りそろえられたショートカットは、いかにも活動的な女に見える。
「うっ、くうっ……ん」
 駿策の指が蜜壷に差し込まれ、彼女は大きな二重の目をぎゅうっと瞑った……。

にほんブログ村 小説ブログへ


h_167alx00217-33.jpg
 男にしては細い指先が、彼女のポイント目がけて忠実に動き回る。濡れた肉道を指の腹で擦られると、ピクピクと身体全体が息づいていく。
「どうだ、爺さんにもこんなことしてもらったか?」
 淫液にまみれた唇から、駿策の意地悪い言葉が放たれた。
「あァ……、無理よォ、あの人はすぐに……、ううっ、入れたがるんだからぁ……」
 玲緒奈は人差し指を噛み、悦楽の叫びを堪えた。
 まだ日も高く、あまり大きな声は出せない。ラブホテルならば問題ないのだが、どうしてもあの雰囲気が好きなれないのだ。
「ただれた爺さんの舌で舐められて、お前も悦んでるんだろ、本当は?」
 指先にバイブレーションが加わった。
「ひいっ……」
 断続的な刺激が、完熟の女体を震わす。二本の指で亀裂を大きく押し開かれると、尖った舌先が鳥の嘴のように宝石を突き刺してきた。
「ひっ、ひ、あっ、悦ぶわけ……ないでしょお……。あたしが欲しいのは、あなた、駿策だけ……よォ……」
 しゃくり上げるように玲緒奈は悦びを漏らした。
 最初のうちは堪えているのだが、しだいに激流に押し流され、いつも最後は忘我の境地で叫びを上げている。それほど二人のセックスの相性は良かった。
「いつも抱かせてやってるんだろう、なあ。お前から求めてるんだろ?」
 駿策も本気で言っているのではない。あくまで二人の蜜戯を飾るための、言葉のプレイだ。
「そんな……、あんっ! ことないわァ……」
 見事な褐色ボディをくねらせ、若義母は片手で枕を掴んだ。鍛えられた肉体は均整が取れ、自分でも多少の自信をもっていた。
h_102sbns00063-40.jpg
「そうか、爺さんじゃ満足できなかったんだな?」
「あ、当たり前よォ……。ましてあたしには駿策がいるんだもの……」
 玲緒奈の媚びた口調もプレイのうちである。
 事実、夫の海原が入院する前は、三日と空けずに夫婦の営みをもっていた。五十八歳になる夫は、玲緒奈を悦ばせようといつも必死だった。そんな年齢以上の無理が、彼の身体に悪影響を及ぼしたのは間違いのないところだ。
「じゃあ、こいつが欲しいわけだな」
 駿策は黒光りする大砲を誇示した。
 長さは標準だが、太さは一級品である。彼女の蜜壷を破裂させる勢いで貫き、全身を震撼させる強烈なピストンは麻薬のようだ。
「十日ぶりだもん。ああっ……、早くそのオチ××ンが欲しいわァ」
 くびれた腰を甘えるように振った。痛みにも似た激しい疼きが、全身で挿入を待ち望んでいる。これほど駿策との間隔が開いたのは、初めてだった。
「こんなに涎を垂らして、よっぽど欲しかったんだな」
 膨張しきった肉竿を握った彼が、狙いを定め濡れそぼる玲緒奈の淫裂へ近づいた。
「そうよ、欲しくて欲しくて……、それでも我慢してたのよォ」
「よし、じゃあご褒美だ」
 待ちに待った年下男の黒い巨塊が、ズブズブと侵入してくる。張り裂けそうな感覚に、一瞬だけ瞼の裏側に火花が飛んだ。
「ぐおおォ……ん!」
 若義母は低いうなり声を上げ、駿策の二の腕をガッチリ掴んだ。締まりの良い彼女の肉道に、文字通り硬直がねじ込まれたのだ……。


↑ご精読ありがとうございます。ご満足いただけましたら、クリックをお願い致します。
にほんブログ村 小説ブログへ
 ↑さらにご満足いただけた場合は、こちらにもお願いします。

スポンサーサイト
[PR]

テーマ : 人妻・熟女 - ジャンル : アダルト

金色の背徳Comment(0)Trackback(0) | Top ▲

コメント

Top ▲

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | Blog Top | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。