FC2ブログ

スポンサーサイト

--/--/-- --:-- 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | Top ▲

金色の背徳 第17話

2009/02/17 22:05 

mard00122-4.jpg

                      第三章 狼夫人


 海原建設の本社ビルは、駅から徒歩五分の好立地にあった。三年前に竣工したばかり、六階建ての新社屋だ。一階を喫茶店、二階を学習塾へ賃貸し、三階から六階までが会社の事務所で、百人を超える社員が雇われている。
「海原ビル」の一階にある喫茶店は、買い物帰りの主婦や待ち合わせのサラリーマンで賑わっていた。
――いつまで待たせる気かしら? あの馬鹿男――
 細長の煙草を咥えた玲緒奈は、苛立たしげに指先でテーブルを叩いた。会社へ顔を出した帰りに、海原縁故の一人である啓太を呼び出したのだ。
 海原の入院後、療養が長引くことを悟った彼女は、折を見て臨時株主総会を招集した。
 その席上で取締役に選任され、今では社長の妻という立場ではなく、れっきとした一人の役員として業務に口を出している。女性役員は彼女独りで、もちろん三十五歳も最年少である。
「ごめんなさい、遅れちゃって。だいぶ待ちました?」
 息を切らした童顔の男がようやく姿を現した。ワイシャツにネクタイ姿の彼は、そそくさと玲緒奈の前に腰を下ろす。
「いいえ。あたしも今さっき来たところ」
 そう言って店員を呼び、彼の好みも聞かずにコーヒーを注文した。
「さっそくだけど、僕に話っていうのは?」
 年上であり上役でもある彼女への口の利き方に立腹したが、
「他でもないわ、繭美さんのことよ」
 玲緒奈は煙草を消し、思わせぶりにコーヒーカップに手をやった。
 涼子と啓太、この二人が玲緒奈と駿策にとっての障害だ。涼子と比べて知恵と能力は格段に劣るが、無能な相手だけにある意味で慎重さも必要である……。

143kid00022-16.jpg

143kid00022-3.jpg

「ねえ、啓太さん。あなた繭美さんのことどう思ってるの?」
 まずは軽くジャブを放った。
「どうって言われても……。彼女はたった一人の従妹……だし……、それ以外には……」
「本当に? ただの従妹としか考えていないの?」
 啓太の気持ちをくすぐるように言う。
「海原があんなことになって……、あなたもそうでしょうけど、繭美さんも気落ちしてるわ。ずいぶんやつれちゃったしね」
「僕も最近は会ってないけど……、そうなのかぁ……。でも繭美さんには西条という夫がいるじゃないですか?」
「それはそうだけど、いざとなったらやっぱり肉親、ていうか血の繋がりって強いんじゃないかしら」
「玲緒奈さん、それ、どういう意味?」
 間延びした啓太の表情が珍しく引き締まった。だらりとしていた背筋がピンと伸び、身を乗り出してくる。
――やはり食いついてきた――
 玲緒奈はほくそ笑んだ。
 以前から啓太が繭美に思いを寄せているのを、彼女は見抜いていた。駿策と繭美の結婚式の会場においても、トイレで泣いていたのを知っている。
「どうもこうも、そのままの意味よ。海原は親類が少ないでしょう? あたしだって義理だし、繭美にとってあなたは数少ない血縁の一人なのよ」
 運ばれてきたコーヒーには目もくれず、啓太の視線は玲緒奈に突き刺さったまま動かない。よほど繭美にご執心なのだ。
「でも西条がいるじゃないですか。僕がしゃしゃり出ることなんて……」
「あなたは女心を知らないわ」
 啓太の言葉を途中でピシャリと遮り、
「結婚なんて単なる契約よ。一緒に死ぬわけでもないし、時の流れに心変わりだってするでしょう。それに……」
 あえて間を置き、軽く髪をかき上げた。
「それに、何? 繭美さんがどうしたの?」
 玲緒奈へ食いつかんばかりににじり寄ってくる。普段の生活でもこれだけの積極性があれば、もう少しはましな男になるのだが。
「繭美さんたち夫婦って上手くいってるのかしら? あたしにはあんまりそうは見えないけど」
 ただでさえ悪い頭が、繭美のことになれば白痴同然になる。手のひらに乗せた愚かな男を、思い通りに転がすのは面白くてたまらない。

mard00061-39.jpg

「上手く……いってないの? 彼女たち……」
 心配を装ってはいるが、内心の喜びがはっきりと顔に出ている。
――まったく馬鹿な男。これで本当に三十歳なのかしら――
 目的達成のためにやむを得ず言葉を交わしているが、本来なら一分も同席したくない男だ。吐き気をもよおすほどの不快さをグッと堪え、
「彼女との会話でね、時々出るのよ、あなたのことが。そんなとき繭美さん、何だか楽しそうに見えるわ。従兄であり幼馴染でもあるあなたをけっこう意識してるみたい」
「繭美さんが、僕を……」
 独り噛みしめるように呟いた。
――自分が女に好かれるかどうかぐらい分かるでしょうに――
 唾でも吐きかけたい気にさせられたが、
「よっぽど冷めちゃってるんでしょうね、彼女たちの夫婦関係……」
 カップについた口紅を丁寧に拭き取り、
「繭美さん、どこかであなたに期待してるのよ、きっと」
 啓太の男心を刺激する、最も効果的な一言だ。
「そ、それで、僕にどうしろと……?」
「あたしの口からは言えないわ。今話したことをよく考えて、あなた自身が判断することね。ああいう娘だから、自分から言い出すことはないでしょう。誰かが助け出してくれくれるのをじっと待っている、そうでしょう? 彼女って」
 繭美はおろか、世界中のどんな女だって、この男に助けて欲しいとは思わないだろう。あまりにも白々しい嘘に、自分でも吹き出しそうだった……。

h_167alx00276-33.jpg

にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へ
にほんブログ村
ご精読ありがとうございます。ご満足いただけましたら、クリックをお願い致します。

ご精読ありがとうございます。応援よろしくお願いします。

淫らに絡み合う母と息子・・・
大人の色気の先にあるもの・・・



スポンサーサイト
[PR]

[PR]

テーマ : 官能小説 - ジャンル : アダルト

金色の背徳Comment(0)Trackback(0) | Top ▲

コメント

Top ▲

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | Blog Top | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。