FC2ブログ

スポンサーサイト

--/--/-- --:-- 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | Top ▲

金色の背徳 第18話

2009/02/18 21:37 

xkel00001-25.jpg

「僕を、待っているのか、繭美さんは……」
 夢見るような目つきで啓太は言う。
「少し強引なぐらいが彼女にはちょうどいいわ。何だかんだ言っても、押しの強い男に弱いから、女は」
 玲緒奈は二本目の煙草を取り出し、
「もしあなたが繭美さんと上手くいったとしたら、あたしも安心だし、海原だって喜ぶと思うわよ」
 あり得ない話を次々と並べ立てた。
 海原建設の社員として雇われている啓太だが、社長の甥という縁故にぶら下がっているにすぎない。人並みには程遠い仕事ぶりで、他の会社ならとうの昔に解雇されている。
 社長の海原にとっては唯一の甥っ子かもしれないが、玲緒奈からすればどうでもいい他人である。今回の策略が成功したら、海原家としてだけでなく、海原建設からも追放するつもりでいるのだ。
「そうか、僕と繭美さんが……」
 繭美との新婚生活でも妄想しているのか、涎を垂らしそうに口元が緩んだ
「でも啓太さん。あたしがこんな話をしたってことは内緒よ、もちろん繭美さんにも。おせっかいな女だと思われたくないから」
 愚かな男だとはいえ、釘を刺すのを忘れなかった。今日の啓太との面談は駿策にも知らせておらず、彼女が暖めてきた秘中の秘ともいえる策略なのだ。
「もちろん。それに玲緒奈さんの恩は一生忘れないよ」
「じゃあしっかりね」
 感激に打ち震える啓太を残して席を立ち、
「それからひとつだけ言っておくわ。あなたもいい歳なんだから、待ち合わせ時間は厳守しなさい。時間も守れないような男は論外よ」
 それだけ言ってスカートを翻した。
――これで後はじっと待つだけ……――
 啓太が駒のように動いてくれるのを願うのみだ。店員の「ありがとうございました」という言葉が、啓太のセリフとダブって聞こえた……。

nyd00005-14.jpg

にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へ
にほんブログ村
ご精読ありがとうございます。ご満足いただけましたら、クリックをお願い致します。

ご精読ありがとうございます。応援よろしくお願いします。

アダルト無修正動画






スポンサーサイト
[PR]

テーマ : 官能小説 - ジャンル : アダルト

金色の背徳Comment(0)Trackback(0) | Top ▲

コメント

Top ▲

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | Blog Top | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。