FC2ブログ

スポンサーサイト

--/--/-- --:-- 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | Top ▲

金色の背徳 第23話

2009/02/26 21:17 

jukd00912-40.jpg

「はい、涼子です」
 さっきまでの妄想を一切捨て、澄み切った甲高い声で応えた。
「涼子先生、ごめんなさい」
「どうしたの? いきなり?」
 開口一番、詫びの言葉に、彼女も面食らった。
「仕事が長引いて、今夜の約束守れそうにないんです」
 電話の向こうで平身低頭している彼の姿が浮かんだ。
「そうなの……」
 最大の理性を発揮して、涼子は努めて冷静に言った。
 もう三日も会っていないが、駿策の肌が、愛撫が恋しくてたまらない気持ちをグッと堪えた。すねるのは逆効果だ、年上女の奸智である。
「じゃあ明日? わたしも本当は明日の方が都合はいいのよ」
 精一杯の見栄を張った。
 本当は今晩、いや、今すぐにでも会いたい。会って抱かれたい、舐められたい、貫かれたいのだ。
「すいません。僕も涼子先生と会いたいのはやまやまなんですが、明日は早く帰るって繭美と約束してるんです」
「そう……残念ね。わたしも楽しみにしてたのに……。でも仕事なら仕方ないわよ」
 歯軋りしながら懐の深いところを見せた。
「それなら次はいつにしようかしら? あなたも忙しいでしょうから無理のない日でいいわよ」
「そうですね、来週なら、来週の火曜日なら間違いありません。午後からは予定を入れてませんから」
――嘘! まだ四日も先よ! そんなのわたし、干からびちゃう!――
 内心の憤りを押し殺し、
「わかったわ、OKよ。でもあんまり無理しないでね。あなたは海原建設の最後の切り札なんだから」
「ありがとうございます。かえって気を使わせちゃってすいません。このお詫びはきっとします。でも涼子先生こそ気をつけて下さいね、大事な身体なんですから、僕にとっても」
 最後の殺し文句で、涼子の苛立ちも少し和らいだ。
「ええ。それじゃあ」
 電話を終えると、張りつめていた糸が切れたように、涼子はグッタリとなった。わずか二分足らずの会話で、すべてのエネルギーを消費し尽したかのようだ。
「もう……駿策の馬鹿! わたしがどれだけ会いたがっていると思ってるのよ」
 絶望の淵に立たされたような表情で漏らした。
 彼との約束の時間までに仕上げようと思っていた事務仕事も手につかない。先ほどまでの高揚感も吹き飛んでしまっている。蛇の生殺しならぬ、熟女の日干しだ。ガランとした事務所内に、涼子のため息だけが響き渡った……。

jukd00930-19.jpg

にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へ
にほんブログ村

jukd00990-13.jpg

 涼子は疲れきった表情で、自宅のソファに沈んでいた。
 駿策からの電話の後、とりあえず予定の書類だけを完成させ、半ば放心状態で帰宅したのだ。秋穂からの報告にも生返事で応えるのが精一杯だった。
 約束を反故にされたショックが大きく、食事も喉を通らない。軽く入浴した後、無聊を慰めるように、ブランデーグラスを揺らしていた。部屋の明かりも点けず、卓上のランプがぼんやりと熟女の輪郭を浮かび上がらせている。
 今日は何度ため息をついただろうか。もし駿策と会っていれば今頃は……、そんな恨めしげな目で時計を見た。
「九時か……」
 いつもは舐めるだけのブランデーも、今夜はすでに二杯目だ。何も食べていないので、内臓に染み渡るのだが、あまり酔えない。
 グラスを置き、ゆったりしたバスローブの胸もとから手を滑らせる。弾力ある豊かな乳房に指先が触れた。
 軽く目を閉じ、駿策の愛撫を思い起こしながらそっと揉みしだく。ほのかな酔いが寂寥感を募らせた。甘く広がるわずかな快感に身を委ねようとした刹那、小さなメロディが涼子を覚醒させた。
――駿策さん!――
 紛れもなく駿策からの着信だった。
「こんな夜分にすいません、涼子先生」
「お、お仕事は終わったの?」
 今の痴態を彼に見られていたような気がし、涼子は慌てて緩んだ胸もとを直した。
「ええ、やっと。それで帰る前に、どうしても先生の声が聞きたくて……。迷惑でしたか?」
「ううん、そんなことないわ。わたしも電話しようかなって思ってたの」
「嬉しいな。あ、でも声を聞くと会いたくなりますね」
「そうね、今夜は寂しかったわ」
 かすかな酔いが涼子に本音を吐かせた。

jukd00912-11.jpg

「……もう遅いですけど……、今から会ってもらうわけにはいきませんか? どうしても先生の顔を見ないと眠れそうにないんです」
 若い男の甘えるような願いが、涼子の自尊心を大いに満足させた。
「いいけど、わたしお酒のんじゃったから、車の運転できないのよ。駿策さん、あたしの部屋に来て下さる?」
 まだこの部屋には駿策を入れたことはない。涼子は構わないのだが、彼が難色を示すのだ。
 彼女としては、姪の夫を自宅に咥え込むのは、ホテルを利用するよりもかえって安全だと思っていた。それに駿策を自分の巣に引きずり込むことで、自分だけの男だという実感を味わうこともできる。
「そりゃ行きたいですけど、先生に迷惑がかかっては申し訳ないですから。もう少し我慢しますよ。僕が迎えに行きますから、マンションの入口まで出てきてもらえますか? ドライブでもしましょう。三十分後ぐらいでいいですか?」
 駿策の甘言がブランデー以上に彼女を酔わせた。
「わかった。じゃあ待ってるから。気をつけてね」
 電話を切った涼子は、素早くバスルームに向かった。先ほど入浴したばかりだが、少しでもアルコールを洗い流したかったのだ。熱いシャワーを浴びると、思わず鼻歌がこぼれてしまう。
――彼も……、わたしに夢中なんだわ。でなきゃこんな時間に……――
 脂の乗った白い肌が水滴を弾き飛ばし、淫らな想像が赤茶色の乳首を隆起させる。三十八歳の肉体のすべてが、男の愛撫を受け入れるための準備を整えた。
 シャワーを止め、さっと身体をひと拭きすると、熟女ならではの淫靡なアイデアが閃いた。
――ちょっと大胆すぎるかしら……。でもきっと彼は喜んでくれるわ――
 妖婦のような笑みを浮かべ、バスタオルを身体に巻いた……。

jukd00838-19.jpg

にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へ
にほんブログ村
ご精読ありがとうございます。ご満足いただけましたら、クリックをお願い致します。

ご精読ありがとうございます。応援よろしくお願いします。

大人の色気の先にあるもの・・・





スポンサーサイト
[PR]

テーマ : 官能小説 - ジャンル : アダルト

金色の背徳Comment(0)Trackback(0) | Top ▲

コメント

Top ▲

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | Blog Top | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。