FC2ブログ

スポンサーサイト

--/--/-- --:-- 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | Top ▲

十字架上の貴婦人 第2話

2009/05/30 14:27 

 ひとりだけの淫靡な宴の中、貴和子は夫の顔を思い浮かべた。
――素敵なご主人ね――
 知り合う人々から、耳にこびり付くほど聞かされた言葉だった。
 有名国立大出身で弁護士、三十九歳の若さで都心の一等地に事務所を構え、三人の弁護士と五人の事務員を雇っているやり手の夫。
 大学時代には男性誌のファッションモデルの経験もある夫。
 三年前に百坪の土地を即金で買い、洋風の家を建てた夫。
 結婚以来、変わらぬ優しさを与え続けてくれる夫……。
――そう、確かに最高の夫。だけど……――
 小さめの乳首をつまむ。
 薄れかけているが、初々しいピンクの名残がまだある。
 それは肉体の高まりに合わせて硬さを増し、まるで咲きかけの蕾のようだ。やんわり乳房全体を揉みながら指先で転がすと、またズキズキと芯が疼き始めた。
「あうっ、ううん!」
 同時に股間の中指を強く動かすと、硬く縮こまっていた紅玉が膨らみ、痺れのようなものが五体を貫いた。ピリッと沁みるような刺激を、貴和子の身体は甘く受け止めた。
 夫に対して唯一、そして最大の不満。
 それは彼があまりにも性的に淡白すぎることだった……。
 思えば新婚の時からそうだった。週に一回あれば良い方で、月に一度、そして三ヶ月に一度に……。
 夫しか知らない貴和子は、それが当然だと思っていたが、人の話を聞くとどうも違うようだ。最近はそれがいっそうで、夫婦の営みが減るにつれて、彼女の自慰の回数は増えていった。
 貴和子は頭を起こし、恐々と股の間に目をやる。
 V字に折り曲げた脚が淫靡な形に見えた。その付け根で漆黒の闇が咽ぶ。月光を浴びた太ももが、薄い肌から繊細な静脈を浮き上がらせ、バスローブの模様さえ淫らな思いを喚起させた。
 尺取虫のように這う指先は、まるで自分の一部ではないようだ。クネクネと関節をしならせ、彼女の意志を超えて動くそれは、まるで官能の妖虫であった。
 あまりのいやらしさに貴和子は顔を背けた。
それでも妖虫は、自己主張をするかのごとく彼女の紅玉に張りつき、さらに活発な動きをするのだ。
「あ、くうっ! ああっ……」
 錐で刺されたような快感――痛みではない――に貫かれた。
 夫は決してひ弱な体つきではなく、むしろ反対だ。
 大学時代はラグビーをやっていただけに、背も高く肩幅もあり、見るからに精力を漲らせているタイプなのだ。弁護士となった今もバリバリと仕事をこなし、週に二日は地方へ泊りがけで出掛けるほどである。
 記憶の彼方にある夫の愛撫を思い浮かべ、貴和子は指先を動かした。彼女の昂ぶりは普段より早く、それだけ飢えているのだとも言えた。
「はっ、あんっ……」
 血流にのった悦びが全身に行きわたり、それが肌から染み出してきそうだ。隆起した乳首も敏感さを増し、触れただけで身体が跳ね上がりそうな気がする。
――これ以上はだめ――
 深く陥ってしまうと、止められなくなる恐れがある……。




ご愛読ありがとうございます。応援よろしくお願いします。
また、ご感想などをメールでいただけるとありがたいです。
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へ
にほんブログ村










スポンサーサイト
[PR]

[PR]

テーマ : 官能小説 - ジャンル : アダルト

十字架上の貴婦人Comment(0)Trackback(0) | Top ▲

コメント

Top ▲

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | Blog Top | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。