FC2ブログ

スポンサーサイト

--/--/-- --:-- 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | Top ▲

十字架上の貴婦人 第7話

2009/06/26 23:40 

第二章 十字架の令夫人

――暗い……
 ぼんやりと意識を取り戻した貴和子は、もやの残る頭で思った。薄暗く、窓のない部屋に自分がいる。何故わたしがこんな所に……。
 部屋、そう呼ぶにはあまりに粗末な造りだ。
 打ちっ放しのコンクリート剥き出しの壁。
 光のない室内を照らすのは、テーブルに置かれた一つの燭台だけだ。床もコンクリートで敷きつめられ、そのひんやりとした感触が足の裏からつたわってくる。
――裸足……?
 その驚きが貴和子を完全に覚醒させた。ストッキングだけではない、スカートも下着も脱がされているのだ。
 奪われたのは衣服だけではなかった。
 天井から垂れ下がる二本の鎖に両の手首を巻かれ、鉄球のついた鎖が両方の足首を捕らえている。首にも鉄輪が嵌められ、ほとんど顔も動かせない。自由さえもが奪われていたのだ。
 中世のヨーロッパで拷問を受けているような姿だった。
――どうして? わたしがこんな所に
 叫ぼうにも首輪が喉を締め付けてくる。鎖の動く範囲で手は動かせるが、脚の鉄球の重さは、貴和子の力ではどうにもならない。
 ジャラジャラという鎖のしなる音が、不安な胸に突き刺さってくる。視線の先には重厚そうな鋼製のドアがあり、それが外への唯一の扉らしい。
――あの男が?
 記憶がはっきり戻ってきた。
 夫の使いだという男の車に乗り、気を許した途端、顔にスプレーを浴びせられ意識を失ったのだ……。
「お目覚めかい? 奥さん」
 不意に背後から男の声がした。ゆっくりした動きで彼女の正面に姿を見せる。
「気分はどうだい?」
 男の全身が貴和子の視界に入った。
 よく日焼けした褐色の肌、ボディビルで鍛え上げたような肉体、そして股間にそそり立つ黒塊――まるで怪物のようだ――に彼女は息を飲んだ。彼も貴和子と同じく全裸だ。ただ、この暗がりでもサングラスを掛けていた。
――あの水田という男だろうか
 体格の良い男だったが、一度見たきりでは確信がもてない。声も似ているようだが、違うとも思える。彼は短髪だったが、男はやや長髪でパーマをかけているようにも見える。
 全裸で吊るし上げられている恥ずかしさを、貴和子はしばし忘れた。
「あなたは……、誰……」
 ようやく声が出せるようになった。
「薄汚い暗闇からずっとあんたを見ていたのさ。あんたは知らないだろうが、ずっと前からな」
 弄るように指先で下あごを持ち上げられた。抵抗しようにも首さえ振れない。貴和子の全身に鳥肌が立った。「やっぱり近くで見ると、たまんねえほどいい女だな、あんた。唇の形もいいよ、それに下唇がちょっと厚めなのも、淫蕩な感じでいいぜ」
 両頬を掴まれ、口を開かされた。
「歯の白さ、歯並びの良さ、美人の条件がすべて揃ってる」
 ザラリとした手のひらが乳房に押しつけられた。震える肉房を柔らかく揉まれると、彼女の意に反して乳頭が硬くなる。
「乳房も言うことないな。大きすぎず小さすぎず、まだまだ張りもたっぷりあって、揉みがいもありそうだ」
 痙攣を起こしたように貴和子の喉が引きつった。快感にはほど遠い嫌な感触で、腋の下に冷たいものが流れた。
「ほんとにいい身体だぜ……、俺が思っていた通りだ。この手触りも最高」
 ピシッ。
 男は平手で彼女のヒップを軽く叩いた。
「ひっ……」
 痛みとも悦びとも違う奇妙な感覚が、貴和子の肉体を締めつけた……。




ご愛読ありがとうございます。応援よろしくお願いします。
また、ご感想などをメールでいただけるとありがたいです。
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へ
にほんブログ村





スポンサーサイト
[PR]

FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

テーマ : 官能小説 - ジャンル : アダルト

十字架上の貴婦人Comment(1)Trackback(0) | Top ▲

コメント

はじめまして。貴方の記事を幾度も拝読、拝見しております。記事の文、そしてサービス精神からの写真を観ても愛欲ランキングで、まちがいなく1位にランクされるものです。しかし、このブログ村は、アメーバーのシステムが故障すれば、村も壊れるほどに、アメンバー会員に支配されています。小説の品質は関係なくアメーバーの談合組合があるのです。にもめげず、どうか、頑張ってください。私も応援します。


No:63 2009/06/29 21:27 | 愛読者 #-URL[ 編集 ]

Top ▲

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | Blog Top | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。