FC2ブログ

スポンサーサイト

--/--/-- --:-- 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | Top ▲

女神の乳房 第34話

2008/07/01 17:41 

148avgp00004-25.jpg

 独りで夕食を取った後、貴彦に電話を入れた。そちらに行くからと、あえて軽い調子で伝えた。
 出かける前にシャワーを浴びた。別に期待して行くわけではないが、成り行きしだいでは抱かれる可能性もあったからだ。化粧を整え、香水をふりかける姿は、どこから見ても恋人に会いに行く女にしか見えない。裕美子自信もそんな気持ちだった。
 夜八時を過ぎた住宅街に人通りはほとんどなく、彼女のハイヒールの音だけがコツコツとリズム良く響く。吹きつける風にも、どこか春の訪れを感じされる暖かさがあった。
 二階建てのアパート。その二階の西角、彼の部屋の前でヒールの音を止めた。チャイムを押すのとほとんど同時にドアが開き、貴彦が人懐っこい顔を出す。
「寒かったでしょう?」
 裕美子の肩を抱くように室内へ招き入れた。コートの上からも、その手のひらの温もりが感じられた。
 何度も訪れている部屋なのだが、今日は何だか雰囲気が違う。初めて恋人の部屋へ入る時のような緊張感がフッと湧いた。石油ストーブで室内は暖められているが、背筋がゾクゾクとする。
 コートを二人掛けのソファの片方に置いて、もう片方に腰を下ろした。閉じた膝の上で、裕美子はギュッと拳を握り締めた。
「ごめんなさい……、驚かせちゃって……」
 貴彦は床に敷いた座布団に正座をして頭を下げた。
「でも……、僕の気持ちはわかってくれたと思う。貴女の幸せな生活を壊すつもりなんかないし、たとえ親父と別れても僕とは結婚できないしさ……。今の生活を続けながら、気が向いたときだけでもいいから僕のことを見て欲しいんだ……。前にも言ったけど、貴女の豊かな愛情から、少しだけでかまわないから僕にも分けて欲しい……。自分勝手なのはわかってる」
 上目遣いで裕美子の顔をじっと見る。熟れた牝に求愛する若い雄のような匂いがあった。
「……わたしはかまないわ、あなたさえそれで良ければ……」
 貴彦の視線から逃れるように目を伏せ、うつむきながら言う。
「あなたには長年の重石を取り除いてもらった恩もある。それに女としての自信も取り戻させてもらった……、言葉には表せないぐらい感謝してるわ……。前にも言ったけど、それだけ思われたら女として本望よ……。あの言葉に嘘はないわ……」
 裕美子は立ち上がって部屋の照明を消した。 

mi00008-25.jpg




にほんブログ村 小説ブログへ


88uk00013-24.jpg

 カーテン越しに細い月明かりが差し込んでくる。ストーブの炎がほの暗く二人の姿を浮かび上がらせる。タートルネックのセーターを脱ぎ、スカートを脱いだ。最後にゆっくりとストッキングを脱ぐ。
「裕美子……さん……」
 下着だけの姿になり、貴彦に歩み寄る。黒い下着が、裕美子の肌の白さ強調していた。
 彼も立ち上がり、素早く上着を脱いだ。浅黒い筋肉質の上半身が裕美子の前に露になる。
(この身体なんだわ。あの底知れぬ悦びを与えてくれたのは……)
 肌が火照ってくるのを感じた。ストーブの炎の熱さではない火照りだった。
 細い両肩をガッシリとした手でつかまれ、唇が近づいてくる。柑橘系の香水が鼻腔をかすめ、湿り気を帯びた柔らかさに唇をふさがれた。
 裕美子も貴彦のベルトのあたりに手を廻して抱き寄せる。厚い胸板がブラジャーの上から乳房に触れた。乳首はすでに隆起しているようだ。
 遠慮がちに入ってきた彼の舌に、裕美子は積極的に自分の舌をからめた。二人の舌がもつれ、唾液の交じり合う音が身体を昂ぶらせる。裕美子は下半身に熱いものが湧き出てくるのを感じた。
 髪を撫でられながらの濃厚な口づけに、裕美子の身体はとろけそうだった。
(早くベッドに……、早く……)
 腰が砕けそうになり、裕美子は貴彦のベルトをしっかりとつかんだ。唇を合わせているだけでこんな気持ちになったのは初めてだった。
 そんな彼女の思いを察したのかどうか、貴彦は唇を離して女体を抱き上げた。
「きゃっ!」
 軽々と自分の身体を抱き上げる逞しさにわざと声を出し、彼の首にしがみついた。
 しっかりとした足取りで、裕美子の身体を優しくベッドに横たえる。
 わずかな月明かりと、ストーブの炎に照らされた裕美子の白い肌。これからの愛撫の期待に、少しづつ赤みがさしていく。
(貴彦さんのベッド……。貴彦さんのベッドに寝てるんだわ、わたし……)
 ゾクゾクとするような悦びが裕美子を支配した。ホテルの一室とは明らかに違う、もっと背徳的な強烈な悦びだった。
(ここで美登里さんとも……したのかしら……)

143sbd00048-33.jpg

 美登里に対して嫉妬めいた気持ちが浮かび、その気持ちが淫靡なエネルギーを増大させていく。
 全裸になった彼の姿が目に入った。ガッシリとした浅黒い肉体、股間のものは赤銅色に熱していて、破裂しそうなほどに硬直しているようだ。それを目にした裕美子は思わず顔を赤らめた。
(やっぱり……、逞しい……)
 裕美子の身体に重なった貴彦は、もどかしい手つきでブラジャーのホックを外す。待ち構えていたように双の乳房が現れた。張りつめた乳房を両手でゆっくりと下から上へと揉まれ、硬くなっている葡萄色の頂きが若い雄の舌に弾かれた。
 「あっ……、あうっ!」
 裕美子は軽く枕の端を握った。乳首を転がすような舌の動きに、恥ずかしいほど敏感に反応してしまう。
 弾力を楽しむような指先と、柔らかを味わうような舌が連動して熟した肉体を昂ぶらせる。
 「くう……、うっ!」
 二つの丘陵を誇示するように裕美子は全身をしならせた。貴彦の両手にすっぽりとおさまり、指の間から尖った先端が顔を覗かせている。
(貴彦さんに愛撫されてるんだわ、わたし……)
 裕美子の息が荒くなる。薄目を開けると、今日ははっきりと貴彦の顔が見えた。無表情なサングラス越しではなく、獰猛な雄の目つきになった彼の顔が。
 「あっ!」
 貴彦の姿に夫の顔がダブって見えた。
(あなた……、ごめんなさい……。でも、でも……)
 指を噛み、首を振って夫の幻影を振り払った。硬く目をつぶり、愛撫に身を任せる。
(もう後戻りできないのよ……。あなた、ごめんなさい……)
 最後の一枚のものを脱がしにかかっている彼に、裕美子は腰を浮かした。黒いまといが剥ぎ取られ、全身が貴彦の目にさらされる。
「やっぱり綺麗だ……。とっても綺麗だ」
 やはり肉眼とサングラス越しとではかなり違うようだ。透きとおるような白い肌が発する光線に、彼は眩しそうに目を細めた。




万華鏡の微熟女たち
熟女が教える性教育
にほんブログ村 小説ブログへ
↑ご精読ありがとうございます。ご満足いただけましたら、クリックをお願い致します。

↑さらにご満足いただけた場合は、こちらにもお願いします。

 ↑こちらにもいただけると、大変ありがたいです

スポンサーサイト
[PR]

テーマ : 官能小説 - ジャンル : アダルト

女神の乳房Comment(0)Trackback(0) | Top ▲

コメント

Top ▲

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | Blog Top | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。