FC2ブログ

スポンサーサイト

--/--/-- --:-- 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | Top ▲

十字架上の貴婦人 第9話

2009/07/06 20:10 

 先ほど身体に傷はつけないと言われたが、それが守られる保証はない。貴和子は恐怖に身がすくんだが、言いなりになるつもりはなかった。
 こんな暴挙が許されていいの? 
 いったい自分がどんな罪を負ったというの? 
 それとも簡単に騙されてしまった自分が悪いの?
 貴和子は長い黒髪を振り乱し、身体を揺すり、首を振り、精一杯の抵抗で応えた。裸体を晒している羞恥よりも、これから訪れる恐怖、怒り、困惑の感情が強い。
「どうしても嫌だってことかい」
 不貞腐れたようにコンクリートの床に唾を吐き、
「じゃあ無理にでも言うとおりにしてもらうしかないな」
 哀れみのこもった視線を貴和子へ向け、テーブルの上に置かれていた四角い箱を手にした。蝋燭の炎に浮かび上がったそれは、プラスチックのように見えた。
「ここには面白い仕掛けがあってね」
 男の目がサディスティックに光り、その箱のボタンを押す。
 すると天井が不気味な機械音を発し始めた。車のエンジンにも似た、モーターが回るような音だ。
「可哀相だから首輪は外してやるよ」
 革製の硬い首輪が取り除かれると、かなり首筋が楽になった。それでも天井の音はしだいに迫力を強め、貴和子の精神を追いつめるのだ。
「うっ!」
 貴和子の表情が凍りついた。
 歯車が軋むような音に変わり、腕が上に引っ張られる。天井を見上げれば、腕を拘束する鎖が巻き上げられているではないか! 
「分かったかい、奥さん。面白い趣向だろう」
 狼狽する貴和子を、男は嬉しそうに眺めた。
 鎖が直に手首へ巻かれているわけではないが、革の腕輪が引っ張られると、手首が締めつけられる。
「やめてッ、やめて下さい! お願いですから……」
 か弱い女の抵抗は、蟷螂の斧である。機械による強力な巻上げには、手も足も出ない。だんだんと手首も痺れてきた。
「よし、このくらいかな」
 女体がおよそ一メートルほど持ち上がったところで、男は機械を止めた。貴和子の黒い繁みが、ちょうど男の目の前にきた。
「許して……」
 溢れる涙を拭うこともできず、貴和子はか細い声で訴え続けた。
「実はまだあるのさ、奥さん。こっちの方が刺激的かな」
 男が言い終わると、今度は左右の壁が激しく唸った。再び天井と同じような機械音が響き渡り、鎖がガチャガチャと嫌な動きをする。
「な、何を?」
 これ以上、どんな辱めを受けさせようというのか。貴和子は男を見下ろす格好で、次なる恐怖に身を焦がした。
 鎖が壁の方へ引っ張られると、彼女の足先の鉄球が転がり、閉じていた脚を開かざるを得ない。股を裂かんばかりの力が女体を歪ませる。
「いやッ、いやああああ……!」
 淑女の悲鳴が無機質なコンクリートに弾き返された。想像を絶する羞恥と恐怖が、女体を極限まで追いつめる。手首の痛みも忘れ、貴和子は声を限りに叫んだ。
「美しい十字架の完成だ」
 満足そうに呟くと、男は機械を止めた。暗がりの中に、再び静寂が訪れる。
男の言うとおりだった。
 貴和子の両手は、首を基点に水平に引っ張られ、両脚は股間を軸にして、同じく直角に開かされている。十字架を少し傾けたような形なのだ。



ご愛読ありがとうございます。応援よろしくお願いします。
また、ご感想などをメールでいただけるとありがたいです。
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へ
にほんブログ村







テーマ : 官能小説 - ジャンル : アダルト

十字架上の貴婦人Comment(0)Trackback(0) | Top ▲

十字架上の貴婦人 第8話

2009/06/29 21:09 

――な、なぜ……?
 答えの出ない疑問が、震える脳裏で繰り返される。
 夫にしか見せたことのない裸体が、何者とも知れない暴漢の目に晒されているのだ。この髪も肌も、太ももや乳房も、すべて夫だけに捧げるため愛しんできた。
 それがこんな形で……。
「この黒髪もいいぜ……。やっぱり日本人は黒髪だよな、奥さん。毎日手入れが大変だろうが、ありがとよ」
 鷲掴みにした髪の束に顔を寄せる。
 背中まで伸ばした黒髪は貴和子の自慢だった。最も自信があり、一番好きな部分でもある。
「やっと拝めた肉体だ、たっぷり楽しませてもらうぜ。まあ安心しな、きれいな肌に傷つけることはしねえから。俺にとっても大事な身体だからな」
 貴和子の思いを踏みにじるような笑みを浮かべ、男は下から乳房を持ち上げ、やや腰をかがめて乳首を口に含んだ。
「あっ……!」
 反射的に身体が震えた。
 得体の知れない生物に吸いつかれている恐怖、嫌悪感が激しく交錯する。愛する夫にさえしばらく触れられていない自分の肉体が、傍若無人な獣に犯されようとしているのだ。貴和子は悔しさで涙が出そうだった。
「へへへ……、高貴な味がするぜ。奥さん、いつも旦那はどうやってあんたを可愛がるんだ? ええ?」
 チュウチュウと音をさせながら乳首を吸われる。
 薄い桜色を残していた蕾が、どす黒く変色していくようだ。鋭い悪寒が背筋を走り、男に食いつかれている部分を切り落としてしまいたい衝動に駆られた。
「だ、誰? 誰……なの?」
 溢れる涙を堪え、目を閉じた貴和子は声を振り絞った。
――いったい何の恨みがあって……
 それに夫の部下が自分を拉致し、陵辱する理由が分からない。しかし夫の部下でなければ、あれほどはっきり書類の位置を指摘できるはずもないのだ……。
 肉体をいたぶられる恐怖と屈辱、さらにこの暴漢の正体と目的が、貴和子の脳裏を混乱させる。
「言っただろ。あんたをずっと狙ってたんだよ、俺は」
 貴和子の前に跪いた男は、だんだんと舌を下半身へ滑らせていく。麗しい曲線を描いたウエストから豊かなヒップへ、そして太ももへと這い続ける。
 ヌメヌメした熱を抱いた男の舌は、樹の蜜へ群がる昆虫のように、確実に貴和子の一点を目指していた。
「やっぱりいい匂いだな、奥さんのココ」
 男は貴和子の恥毛たちへ頬ずりをする。彼女はある限りの力を使って脚を閉じようと試みた。
「や、や、止めて……。お願い……だから……」
 貴和子は端正な顔を歪めた。
 ヌルヌルした唇が股間を襲う。彼女の懇願も虚しく、繁みをかき分けて奥へ奥へと入ってくるつもりだ。
「奥さん、脚を開けよ。なあ、いい思いをさせてやるからよ」
 強引に顔をねじ込もうとする男は、苛立ったように言った。閉じた太ももの隙間に両手を差し入れ、力任せに開こうとする。
「だめ、許して……、ゆ、許してぇ……」
 貴和子は懸命に抵抗し、不自由な首を振った。最後に残された女の聖域だ。そこを奪われては夫に顔向けできず、生きていくこともできない。
「開けって言ってるだろう!」
 男は声を荒げ、貴和子のヒップや腹部をやや強い調子で叩いた。白い肌が瑞々しい音を発し、男の手形に赤く染まった。
「お願い……、お願い……」
 自分が何故こんな辱めを受けているのかも分からないのだ。貴和子はただ首を振るばかりで、堪えていた涙がついに溢れ出した。
「芯の強そうなところも俺の好みだ……。奥さん……、俺はますますあんたが好きになったよ。だから手荒な真似はしたくないが、言うとおりにしないと少しばかり痛い目に遭うぜ。いいのかい?」
 獣の目をぎらつかせた……。




ご愛読ありがとうございます。応援よろしくお願いします。
また、ご感想などをメールでいただけるとありがたいです。
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へ
にほんブログ村





テーマ : 官能小説 - ジャンル : アダルト

十字架上の貴婦人Comment(0)Trackback(0) | Top ▲

十字架上の貴婦人 第7話

2009/06/26 23:40 

第二章 十字架の令夫人

――暗い……
 ぼんやりと意識を取り戻した貴和子は、もやの残る頭で思った。薄暗く、窓のない部屋に自分がいる。何故わたしがこんな所に……。
 部屋、そう呼ぶにはあまりに粗末な造りだ。
 打ちっ放しのコンクリート剥き出しの壁。
 光のない室内を照らすのは、テーブルに置かれた一つの燭台だけだ。床もコンクリートで敷きつめられ、そのひんやりとした感触が足の裏からつたわってくる。
――裸足……?
 その驚きが貴和子を完全に覚醒させた。ストッキングだけではない、スカートも下着も脱がされているのだ。
 奪われたのは衣服だけではなかった。
 天井から垂れ下がる二本の鎖に両の手首を巻かれ、鉄球のついた鎖が両方の足首を捕らえている。首にも鉄輪が嵌められ、ほとんど顔も動かせない。自由さえもが奪われていたのだ。
 中世のヨーロッパで拷問を受けているような姿だった。
――どうして? わたしがこんな所に
 叫ぼうにも首輪が喉を締め付けてくる。鎖の動く範囲で手は動かせるが、脚の鉄球の重さは、貴和子の力ではどうにもならない。
 ジャラジャラという鎖のしなる音が、不安な胸に突き刺さってくる。視線の先には重厚そうな鋼製のドアがあり、それが外への唯一の扉らしい。
――あの男が?
 記憶がはっきり戻ってきた。
 夫の使いだという男の車に乗り、気を許した途端、顔にスプレーを浴びせられ意識を失ったのだ……。
「お目覚めかい? 奥さん」
 不意に背後から男の声がした。ゆっくりした動きで彼女の正面に姿を見せる。
「気分はどうだい?」
 男の全身が貴和子の視界に入った。
 よく日焼けした褐色の肌、ボディビルで鍛え上げたような肉体、そして股間にそそり立つ黒塊――まるで怪物のようだ――に彼女は息を飲んだ。彼も貴和子と同じく全裸だ。ただ、この暗がりでもサングラスを掛けていた。
――あの水田という男だろうか
 体格の良い男だったが、一度見たきりでは確信がもてない。声も似ているようだが、違うとも思える。彼は短髪だったが、男はやや長髪でパーマをかけているようにも見える。
 全裸で吊るし上げられている恥ずかしさを、貴和子はしばし忘れた。
「あなたは……、誰……」
 ようやく声が出せるようになった。
「薄汚い暗闇からずっとあんたを見ていたのさ。あんたは知らないだろうが、ずっと前からな」
 弄るように指先で下あごを持ち上げられた。抵抗しようにも首さえ振れない。貴和子の全身に鳥肌が立った。「やっぱり近くで見ると、たまんねえほどいい女だな、あんた。唇の形もいいよ、それに下唇がちょっと厚めなのも、淫蕩な感じでいいぜ」
 両頬を掴まれ、口を開かされた。
「歯の白さ、歯並びの良さ、美人の条件がすべて揃ってる」
 ザラリとした手のひらが乳房に押しつけられた。震える肉房を柔らかく揉まれると、彼女の意に反して乳頭が硬くなる。
「乳房も言うことないな。大きすぎず小さすぎず、まだまだ張りもたっぷりあって、揉みがいもありそうだ」
 痙攣を起こしたように貴和子の喉が引きつった。快感にはほど遠い嫌な感触で、腋の下に冷たいものが流れた。
「ほんとにいい身体だぜ……、俺が思っていた通りだ。この手触りも最高」
 ピシッ。
 男は平手で彼女のヒップを軽く叩いた。
「ひっ……」
 痛みとも悦びとも違う奇妙な感覚が、貴和子の肉体を締めつけた……。




ご愛読ありがとうございます。応援よろしくお願いします。
また、ご感想などをメールでいただけるとありがたいです。
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へ
にほんブログ村





テーマ : 官能小説 - ジャンル : アダルト

十字架上の貴婦人Comment(1)Trackback(0) | Top ▲

十字架上の貴婦人 第6話

2009/06/20 14:56 

「電話一本で、見知らぬ男を信用するあなたの方が、よほどお人好しってことですよ」
 言い終わるや否や、顔にスプレーのようなものを吹きかけられた。抵抗する隙を与えないほんの一瞬のことで、悲鳴を上げる暇さえなかった。
「あっ! 何を……なさる、の……」
 貴和子は身体をよじり、両手で顔を覆った。催涙スプレーだろうか、眼球が焼きついたような痛みが走った。
「大丈夫ですよ、奥様。ほんの一時の辛抱です」
 こみ上げる笑いを無理に抑えたような、嫌な口調が耳に響く。
「た、助けて……、何でこんな……。目が、目が……、誰か……」
 視界が霞み、ボロボロと涙がこぼれてくる。喉が痺れ、カラカラに渇いたように声がかすれた。
――あなたは夫の使いじゃないの? どうしてわたしをこんな目に
 叫ぶつもりが声にならない。しだいに頭がぼんやりし始め、意識までもが遠のいていくようだ。
「ほら、言ったとおりでしょう。もう楽になりますから」
 致命傷を与えた獲物の死を待つ肉食獣のような呟きが、貴和子の薄れていく意識の中に滑り込んできた。

『ついに虜にしたぜ、財部貴和子。
 利口なようだが、あんな幼稚なトリックに嵌められるなんて、やっぱり世間知らずの奥様だな、あんた。
 まあ、いいさ。とにかくあんたは俺の支配下に置かれたわけだ。
 言っておくが、あんたに恨みはないよ、もちろんあんたの愛しいご主人様にもだ。別に俺は復讐のために、わざわざ手の込んだことはしたんじゃない。
 何故かって?
 決まってるだろう、あんたが美しすぎるからだよ。
 巷じゃもちろん、テレビや映画でさえ、あんたほどの美貌は滅多にお目にかかれないからな。
 クックックッ、楽しみだぜ。そんなあんたを俺は自由にできるんだからさ。
 さあ、どんなふうに弄ぼうか? 
ウッヒッヒッ……、目一杯蹂躙、陵辱してやるさ。恨むなら両親を恨めよ。あんたをそこまで美しく育てた両親をな……』




ご愛読ありがとうございます。応援よろしくお願いします。
また、ご感想などをメールでいただけるとありがたいです。
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へ
にほんブログ村








テーマ : 官能小説 - ジャンル : アダルト

十字架上の貴婦人Comment(1)Trackback(0) | Top ▲

十字架上の貴婦人 第5話

2009/06/15 21:29 

「それでお迎えはどれくらいで?」
 これ以上金井を責めても仕方がないと思った。それに、たまに夫から頼りにされると嬉しいものだ。
「外回りをしている水田という者が伺いますので、おそらく十分前後で」
「承知しました。準備してお待ちしております」
 電話を切った貴和子は、すぐに夫の携帯へ連絡を入れた。顧客とのやり取りのために、いつも離さず持っているはずだ。しかしコールはするものの、金井の言った通り出る様子はない。
「本当……」
 諦めて受話器を置き、夫の書斎を調べた。
 法律書や経済書が、所狭しと並べられた図書館のような部屋だ。机の右側の書棚の右から三番目……。
「あったわ」
 宝物を探し当てた気分だった。目的の黒いファイルを抱えて書斎を出ると、貴和子は急いで身支度を始めた。
 外で夫に会うのは久しぶりである。書類を届けるだけの小間使いのような役目だが、貴和子はまるでデートにでも行くように高揚していた。
 着替えが終わりハンドバッグを手にすると、ちょうど玄関のチャイムが鳴った。時計を見ると、電話を切ってからきっかり十分だ。さすがに夫の下で働いているだけあって、時間には正確である。
「おはようございます。水田と申します。お迎えに上がりました」
 玄関の外には、長身の三十前後の男が立っていた。精悍な顔つきで、いかにも夫の部下らしいシャープな印象だ。
「お世話かけますが、よろしくお願いします」
 貴和子は軽く一礼すると、白い四ドアセダンの後部座席に乗り込んだ。窓には薄く黒いフィルムが貼ってある。
 彼女は久々に着用したミニスカートの丈が少し気になったが、水田はそ知らぬ顔で丁寧にドアを閉め、運転席に乗り込んだ。夫の待つセントラルシティホテルまでは、およそ一時間ほどだ。
 昨日の朝、夫を送り出してから丸一日会っていないだけなのだが、何故か久しぶりのような気がする。それだけ自分が夫を恋しがっているのかもしれない、そう考えると昨夜の蜜戯が思い出され、頬が熱くなる。
「朝っぱらからお手数をお掛けして、申し訳ありません」
 運転しながら、前方を注視したまま水田は言った。
「いいえ、こちらこそ。主人のうっかりでよけいな仕事をさせちゃって」
 貴和子はバックミラーに映る水田の顔を眺めた。
 彫が深く、見方によっては陰気そうにも見えるが、なかなかの男前だ。ギリシャの彫刻のような鼻の高さが、ひときわ目を引く。
――いけない、主人に会いに行くのに――
 視線を逸らし、水田の陰影に富んだ顔立ちにうっとりしかけた自分を諌めた。
 車は市街地を抜け、高速道路のインターの方へ向かった。通勤ラッシュの時間帯は過ぎているが、それでも一般道は混んでいる。
「書類のファイルは、すぐお分かりになりました?」
 信号待ちで止まった際に、水田がバックミラーを介して聞いてきた。
 今まで気づかなかったが、爽やかな香水の匂いがする。いかにも彼の容姿に会いそうな香りだ。
「ええ。主人の書斎へはほとんど入らないのですけど、すぐに見つけられました。そんなに大事な書類を忘れるなんて、そそっかしい人」
 思わず軽い冗談が飛び出す。
「奥様の方がよほどそそっかしいですよ」
「え?」
 貴和子は何を言われたのか意味が分からない。
「電話一本で、見知らぬ男を信用するあなたの方が、よほどお人好しってことですよ」
 柔らかだった水田の声が、獲物を捕らえた獣のような声に変化した……。




ご愛読ありがとうございます。応援よろしくお願いします。
また、ご感想などをメールでいただけるとありがたいです。
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へ
にほんブログ村








 

テーマ : 官能小説 - ジャンル : アダルト

十字架上の貴婦人Comment(0)Trackback(0) | Top ▲

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。